【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2017年02月20日

超長時間労働者のエンゲイジメントは低い

今日の組織心理の中でよく言われるのがエンゲイジメント。ギャロップ社の調査によると3分の1のアメリカの従業員は仕事にエンゲイジ、つまり、集中していると報告されています。世界を見るとその数字は13%と落ちます。多くの企業が従業員のモチベーションを高め、その結果、幸せ感や生産性を高めるために、エンゲイジメントをいかに高めるか考えています。


しかし研究者のフラーとシカロフはそこに注意を促します。というのもエンゲイジメントという言葉は非常に曖昧であり、一部では仕事への満足感だったり、仕事への感情投資量、必要以上のことをしようという気持ち、自分の会社が良いと認識する度合いと解釈されたりと、解釈はバラバラです。多くの研究が高いエンゲイジメントがビジネスにプラスだと言いますが、必ずしもそうではなさそうです。

例えば営業パーソンであれば、明確な数値として生産性を測れますが、多くの知識労働者の生産性を測ることは難しいです。そこでフラーとシカロフはマイクロソフト・ワークプレイス・アナリティクスを使って、知識労働者のインプット(労働時間、マネジャーと過ごした時間、ネットワークの規模など)とエンゲイジメントとの関係性を調べました。


様々な企業の社員にアンケートに答えてもらいました。入手したデータで色々な分析をした中で、一週間の平均労働時間を中心として考えてみました。週平均労働時間は、仕事の質や生産性を測るものではありませんが、エンゲイジメントと週平均労働時間の関係性を見てみました。これは2社で大きな違いが出ました。

企業1では、週平均労働時間と生産性の間に強い相関関係が見られました。長時間労働者ほどより高いエンゲイジメントを見せました。質的調査と合わせて考えると、高くエンゲイジした社員は、単純に長時間働くことを選んでいました。エンゲイジメントが高く、長時間働き、より幸せ。企業の投資利益率から見ても、こうした社員は大歓迎でしょう。

ここでは社員のエンゲイジメント度は、彼らがどれだけの時間とエネルギーを仕事に費やそうとするかと関係していると考えられます。しかし極めて長時間働いている社員を見たとき(90パーセンタイル)、エンゲイジメント度は急降下しました(これはしばしば過労を意味します)。


続きは別の投稿で。

参照
https://hbr.org/2017/02/being-engaged-at-work-is-not-the-same-as-being-productive
posted by ヤス at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

イギリス人は1957年が最も幸せだった

イギリス人は1957年が最も幸せだったという研究報告がありました。これは当時の首相、ハロルド・マクミランの主張と重なるものです。


研究者たちは、1776年から2009年の間に出版された800万冊の本に書かれてある言葉で、満足感に関わるものを調査しました。「楽しみ」「平和」「幸せ」といったポジティブな言葉がどれだけ使われているかと、「不幸」「ストレス」といったネガティブな言葉がどれだけ使われているかを比べました。


調べる中で、第二次世界大戦が終わった1945年以降、歓喜や幸せに関する言葉の使用が増加し始め、1957年にそれは最高点に達しました。1957年以降はポジティブな言葉の使用は減りつづけ、特に1970年代のストライキ、中でも1978年の不満の冬の時期に大きく減少しました。

ポジティブな言葉はその後、人々の収入が増えるにつれ増加しますが、1957年のレベルに達することはありませんでした。興味深いことに、1957年というと、家にはセントラルヒーティングもなく、トイレは屋外にあり、休日も少ないといった時期でした。


ワーウィック大学の研究者たちのまとめでは、2つの世界大戦の後、イギリス人たちは生活にある小さな幸せを数える事を覚え、自分が持っているものを見て幸せを感じるようになっていたのではと考えています。

第二次世界大戦が終わり、貧困の生活を強いられていた時代。そこから少し経った1957年、人々は持っているものを感謝することができていたのではと述べています。

この年は平均寿命が男性66歳、女性71歳といった時代。マクミラン首相が「率直に言わせてもらおう。ほとんどのイギリス国民はかつてこれほどにも幸せじゃなかった」と言ったのは正しかったのです。

研究者は、期待が低いほど、また、他の満足をした人々との社会的コミュニティーがある人ほど、人は幸せを感じやすいと述べています。イギリスの現代風潮は個人主義ですが、1950年代の人々は共通のゴールを持ち、コミュニティーの信頼度も高く、外出しても鍵を閉めないというのが常だったそうです。


現代生活で、人々は世界の動きをこの当時の人よりもより多く知ることができるが、それが私たちを不幸にしている可能性もある。そして現代人は仕事でのストレスなどの、増加傾向にあるプレッシャーに立ち向かわないといけない、と記しています。

あるものを見る。非常に大事なことだと思います。幸せになることは誰の人生でも最も大事な事だと思います。非常に良い実験だと感じます。

参照
https://uk.news.yahoo.com/britain-has-never-been-happier-than-it-was-in-1957-according-to-experts-125838414.html
posted by ヤス at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

信頼が高い組織パフォーマンスにつながる

企業において人材は最も大事な資産です。いかに社員に頑張ってもらうかは大事な事柄です。エンゲイジメント(自分と自分の仕事、同僚との関係の強さ、貢献度の高さ、学びを楽しむ事)が高い人や組織は、ポジティブな結果を生むことが分かっています。つまり、より高い生産性、質の高いアウトプット、そして、高い利益へと繋がっています。


つまり従業員中心の社風がビジネスには良いというのは明らかです。しかしそれをどう実践したらいいか?金銭的な報酬も良いですが、それでは効果が短期的で、人材や高いパフォーマンスをキープできないでしょう。

ある最近の研究では信頼を基とした社風が違いを生み出すとしています。高い信頼のある組織で働く社員は、より生産的で、職場でエネルギーがあり、他の社員と協力し、その会社により止まるそうです。またストレスも低く、幸せ度も高く、高パフォーマンスを生み出しやすくなります。

2016年の調査によるとCEOの55%が、組織の成長において信頼の欠如は脅威だと思っているのに対して、信頼を増やすために多くはなされていませんでした。


信頼を感じると人の脳には何が起こるか?げっ歯動物の脳では他の動物に近づいても安全だとわかるとオキシトシンが分泌されます。これは人間でも同じようです。


これを検証するために神経経済学者のポール・ザックらは実験の参加者に、他人を信頼すると決める前と直後の血液を調べました。参加者の行動に影響しないために、この実験の目的は参加者には伝えませんでした。わかったことは、多くお金を受け取るほど、脳内にオキシトシンが観察されました。そして、オキシトシンの量はどれだけ信頼できるか感じる度合いに比例しました。つまり、オキシトシンが高いと、信頼度が高いと判断され、お金の共有額が増えるということです。

信頼関係が低い会社と比べ、高い会社にいる人々は、74%ストレスが低く、106%エネルギーが高く、50%生産性が高く、13%病欠日が少なく、76%よりエンゲイジしていて、29%人生への満足度が高く、40%バーンアウトが低いと報告されています。

同じ研究者がその先10年にわたって、オキシトシンの分泌に何がプラスでマイナスなのかを調べました。発見したことの一例を言うと、例えば、高ストレスはオキシトシンの分泌の邪魔をします。またオキシトシン、人間が協力する上で重要な同情の度合いを高めます。

信頼関係と組織のパフォーマンス。非常に面白いテーマだと思います。


参照
https://hbr.org/2017/01/the-neuroscience-of-trust
posted by ヤス at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンソニー・ロビンズで英語を学ぶ 復習ノート 170122


題材:5 steps to take control of your life now

「人生のコントロールを得る5ステップ パート2」についてアンソニー・ロビンズが話しています。話し言葉を文字にしているので、文法的におかしい所があります。



●話している英語

2:21
The third thing you want to do, see if there is anything you could what? Leverage. How could this soccer mom leverage?

2:27
Her activities are things like drive her kids to school, pick them up from the school, drive to a violin practice, drive to soccer practice.

2:44
Hire a driver. Said in perfect Russian. Could you do a car-pool? Could you trade days? Yes.

2:49
Could you do the morning and someone else do the afternoon?

2:52
If you really look at this, there are always ways to do it. By the way, could you do the outcomes with your kids in the morning session, so in the afternoon, you really feel you are connected, you made more of difference in the morning. But if you have been driving all day along, stressed out.

3:04
How many follow that? Say eye. I take people like this, and I can show them the real time for us to take to get the job done, if somebody says they have no time, you know why they don't have no time, because guess what they say to themselves all day long. ‘I have no time.’


3:20
And they are so stressed, ate up all the time. Tell themselves they have no time. They think about there is no time, they eat up all the time, they don’t think efficiently and they don't leverage anything.

3:30
If you do these first 2 steps, would you be lightyears ahead of anybody around you, yes or no?

3:35
Third step, commit and schedule. 3Cs so far. Capture, create a plan, and commit and schedule.



●キーワード

・car-pool 車の同乗(をする)

They car-pool to work every day.

彼らは毎日、車の同乗をして通勤する。


・eat up 食べ尽くす、消耗する

The new app ate up all the battery.

その新たなアプリが電池を消耗してしまった。


・ahead 先に

Your time zone is 3 hours ahead of ours.

あなたがいる時間帯は、私がいる時間帯よりも3時間、先をいっている。



●話している英語の訳
2:21
第3にあなたがしたいことは、レバレッジできるものがないかを考えることだ。この教育ママはどうレバレッジできるだろうか?

2:27
彼女の行動は、子供を学校に出迎えしたり、子供をバイオリン教室に連れていったり、サッカーの練習に連れて行くことだ。

2:44
運転手を雇うこともできる。子供を他の人の車に乗せてもらえないか考えることもできる。これを日を決めて、交代制ですることも可能だ。

2:49
または朝は誰かがやって、夕方は他の人がするようにもできる。

2:52
よく見てみると、常に何らかの方法はあるのだ。ところで朝に子供と1日の目標を決めるセッションを持つのはどうだろうか?これをすれば、午後の段階で子供との繋がりを感じることができ、成果を上げることができる。でもこれでも一日中、出迎えなどで運転をしていたら、あなたはストレスで参ってしまうだろう。

3:04
何人の人が理解できただろうか?私はこういった人たちと一緒に取り組み、実際にしないといけない行動をするのにどれだけの時間がかかるかを考える。時間がないと言う人は、なぜ時間がないかわかるか?彼らは一日中、時間がないといっているからだ。

3:20
彼らは高いストレスを持ち、それが時間を食い尽くしている。自分自身に対して、時間がないと言っている。時間がないように物事を考え、物事を効果的に考えずに、レバレッジもしない。

3:30
あなたがこれらの2つのステップを踏んだなら、周りの誰よりも何歩も先に行けるだろう。

3:35
3つ目が、コミットしてスケジューリングをすることだ。つまり3つのCです。書き出し、計画作成、そして、コミットしてスケジュール(capture, create a plan, and commit and schedule)。



アンソニー・ロビンズに興味がある方は以下がオススメです。
Awaken the Giant Within: How to Take Immediate Control of Your Mental, Emotional, Physical and Financial(訳本『アンソニー・ロビンズの運命を動かす (単行本)』)
Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement(訳本『一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える』)
Unleash the Power Within: Personal Coaching from Anthony Robbins That Will Transform Your Life!
MONEY Master the Game: 7 Simple Steps to Financial Freedom
【まさにTOEICの裏ワザ】僕もお世話になったSapiens Sapiensさんから待望のTOEIC教材が出ました!非常にオススメです。
TOEIC(R) テスト対策 英語ビュッフェ 【Eigo Buffet】
posted by ヤス at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

イギリス労働者、モチベーションとエネルギー不足

2015年、500人のイギリスのホワイトカラー、18〜65歳に対して、一週間で自分のモチベーションとエネルギーが1〜10でどれくらいかをアンケートしました。結果、ほぼ半数の人たちが半分(5)以下だと回答しました。

男女差で見ると男性モチベーション平均が5.7で女性モチベーション平均が4.8。イギリスで最もモチベーション高い地域は北アイルランドで平均6.2、最も低いのはイングランドの北西部で4.3でした。


若い労働者(18〜24歳)は最もモチベーションの低いグループで、35〜44歳の労働者が最もモチベーションの高い労働者(平均5.9)でした。

モチベーションが生産性にもたらす影響を考えると、これは不安な数字と言えます。例えば、2013年のイギリス経済で、病欠によって1億1300万日が失われたと報告されています。モチベーションもかなり大規模な数字になると予想されます。

2013年、別の調査が、5000人のイギリスの労働者に対して行われ、従業員の「任意努力」を使わないコストは大きく、低モチベーション、低健康のために2012年のイギリス経済は60億ポンド(GDPの0.4%)を失ったと報告しています。


この調査ではこの他、ほぼ半数の労働者が、余分な努力をしても認められないから努力をしない(46%)、また、余分な努力をしても報酬をもらえないから努力をしない(47%)と答えています。7%の人が自分の潜在能力を発揮しようと働いていて、27%が自らの生産性を5以下だと回答しました。25%が、ビジネスで良い成果を収めると仕事量が増えるから、成果を収めたくないと答え、3分の1以上のチームが、同僚の病欠のために余分なストレスとプレッシャーを経験しています。

モチベーションが低く、エンゲイジメントが低いスタッフはビジネスのパフォーマンスや従業員の生産性レベルに大きな影響をもたらします。ビジネスを成功にもたらすには従業員が任意努力をするようにしないといけません。

モチベーションの重要性性を示す研究事例でした。

参照
http://www.talk-business.co.uk/2015/11/05/over-half-of-uk-workers-lack-motivation/
posted by ヤス at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする