【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2017年05月15日

【学術出版記事】ディズニーストラテジーのキャリアガイダンスにおける効果測定。クライアントの視点から。(混合・パイロット研究)

ここでは僕の学術出版記事 ‘Disney strategy for Japanese university students’ career guidance: a mixed methods pilot study’ の概要を日本語でご紹介します。

この実験の前の実験で、キャリアコンサルタントが最も有効なNLPスキルの1つとして、ディズニーストラテジーを挙げていました。そこでこの実験ではクライアントの視点から見て、それは本当なのかどうかを調べました。参加者は就職活動をしている大学生6人です。


過去の研究が報告するには、就職活動の成功に影響するものとして大きく4つの要素があると報告しています。それらは職探しの明確さ、職探しの強度、自己効力感、自尊心です。これらをディズニーストラテジーの介入前後でどういった変化があるかを調べました。


また学生さんの体験を詳しく知るためにインタビューも実施しました。

結果は、介入前後で自尊心と自己効力感に、統計的に見て大きな増加が見られました。明確さと強度についてはそうした変化は見られませんでした。

インタビュー分析では、体を動かすこと、ビジョンの明確化、そして、就職に対してポジティブな気持ちになれる、といったことがディズニーストラテジーの強みだと出ました。


明確さと強度に大きな変化が見られなかったのは、今回募集をした学生さんは就職支援のNPOに登録しているような学生さんなので、意識が高く、明確さや強度(就職活動の盛んさ)はもともと高かったのが原因ではないかと思われます。

またディズニーストラテジーは心理的な変化(内的変化)を手伝うものなので、自尊心や自己効力感といった心理的影響は見られるが、就職の明確さや強度といった外的なものとは、関係がなかったのでは、とも考えられます。

そして、インタビュー分析を見ると、近年、特に心理学の世界でいわれる体の動きと心の動きを、学生さんたちが感じたことが伺えます。そして、前の実験でコンサルタントが言っていた「多くのクライアントは3つのうちの1つしか考えられなかったり、複数がごっちゃになって混乱している。でもディズニーストラテジーは3つの視点をバランスよく持たせてくれる」といったことも裏付けるような結果だと言えます。


非常に期待のできる結果です。今後もっと大きなスケール、そして、長いインターバルで実験をしたり、また異文化での効果を見る必要があると思われます。

Kotera, Y., & Sheffield, D. (2017). Disney strategy for Japanese university students’ career guidance: a mixed methods pilot study, Journal of the National Institute for Career Education and Counselling, 38, 52-61. doi: https://doi.org/10.20856/jnicec.3808
記事全文はこちら
posted by ヤス at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【学術出版記事】キャリアコンサルタントのNLP資格認定コースでの経験(質的研究)

ここでは僕の学術出版記事 ‘A qualitative investigation into the experience of neuro-linguistic programming certification training among Japanese career consultants’ の概要を日本語でご紹介します。

NLP(Neuro-linguistic programming, 神経言語プログラム)は1970年代にアメリカで生まれ、その後、様々な分野で応用されてきています。イギリスでは2008年の段階で10万人以上がNLPの研修を受けています。日本でもその人気は高く、NLPの元祖の団体の一つであるNLPコネクションだけでも、2003年から2016年3月の間で1700人以上のプラクティショナーを認定しています。

実践が世界的に普及しているNLPですが、その科学的な実証は弱いとされています。大学の研究記事検索で見ても、NLPに関する実験記事は500ほどしかありません。これに対して、例えば、マインドフルネスに関する記事は3万以上あります。NLPの科学的な裏付けが必要です。

また日本ではキャリアコンサルタントがNLPをよく活用しています。キャリアコンサルタントの重要性は高く認められていて、その人数も増加傾向にあります(2006: 43,000; 2008: 53,000; 2012: 81,000)。このため2016年にこの資格は、国家資格化されました。今後ますますキャリア支援が重要になってきます。


そこで、今回の研究ではキャリアコンサルタントがなぜNLP資格認定コースを受けようと思ったのか、NLPの何が有効だったのかを質的研究で調べました。

6人のNLP資格認定コースを受けたキャリアコンサルタントを対象にインタビューをし、そのテープを書き起こし、データを主題分析を使って分析しました。

結果、以下のようになりました。

1.なぜNLPのトレーニングを受けようと思ったのか?
キャリアコンサルタントになる過程で学ぶカウンセリングスキルだけでは、効果的なセッションを持つことが難しいと感じたから。特にカウンセリングほど時間的に余裕がないキャリアガイダンスにおいて、コーチングのような能動的なスキルが求められる。そこでNLPが良いと思った。


2.NLPの中でどのスキルが最もキャリアのサポートにおいて有効か?
リフレーミングとディズニーストラテジー。リフレーミングは短時間で気分を変えることができる。採用されるためにはこうじゃないといけないといった強いフレームがあるクライアントの見方をリフレームで変えることができる。ディズニーストラテジーは長い目で見たキャリアに対して計画を立てることができる。またドリーマーのポジションがあることで夢を見ることができる。これが難しいクライアントが多いのも事実。


3.その他、NLPの何が良かったか?
人間理解を深めることができた。また、それによって、もっと他人や自分をわかってやろうとする心構えが深まった。この心構えはスポンサーシップと通じるもの。

というようなデータ分析となりました。

今、多くの国々でキャリアのサポートにより良い手法がないかと考えられている中で、日本でこのようなユニークなことが行われているというのは、非常に有意義な研究となりました。


この研究は3つの評議会で発表させていただきました。

ここではコンサルタント側の視点からの発見だったので、今度はクライアント側はどう感じているのか、これを調べたのが次の出版 ‘Disney strategy for Japanese university students’ career guidance: a mixed methods pilot study’ です。

今後もっと研究を重ねていこうと思います。
posted by ヤス at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

文献レビューよりも強い系統的レビュー

系統的レビュー(systematic review)とは?

系統的レビューとは、すでに存在する研究記事を詳しく見ていくことを言います。このレビューでは研究的な証拠を系統的に探し、見つけ出し、選択し、理解し、統合していきます。バイアスを最小限にするために、対象となる研究は、明確で、再現性のある研究方法を使うものです。系統的レビューは特に健康に関する科目では必須の手法でですが、他の分野でもよく使われます。

系統的レビューは文献レビューよりも徹底的です。というのも、系統的レビューでは、出版された文献だけではなく、「グレー文献」と呼ばれる出版されていない文献も考慮するからです。グレー文献は系統的レビューに価値を与えるものです。なぜならグレー文献はしばしば非常に最新の情報であり、出版によるバイアスがない可能性が高いからです。グレー文献には、出版されていない研究、レポート、論文、会議論文、要約、政府の研究、現在進行中の実験などが含まれます。


系統的レビューは複雑なプロセスです。ここではいくつかの系統的レビューを紹介し、典型的なプロセス、そして、どのように実行し、論文にしていけばいいのかを紹介します。

系統的レビューの種類
・質的:この系統的レビューでは結果はまとめられますが、系統的に統合されることはありません。
・量的:この系統的レビューでは複数の研究の結果を統計的手法で統合します。
・メタアナリシス:統計的手法を使って、関連する研究から効果を見積もり、統合します。


計画表を書く

良い系統的レビューは計画表が大事です。計画表があれば、最終ゴールがわかり、具体的な目的、方法を明確にすることができます。実験過程がより透明になります。
計画表では、検索する言葉、どのような記事を含み、除外するのか、分析するデータはどういったものか、などを決めます。この計画表は、論文記事と一緒に学術誌に提出する必要があります。多く学術誌において、PRISMAといった手法を使うことが一般的です。


PRISMAステートメント

PRISMAステートメントとは、27項目のチェックリストとフロー図から成る文書で、研究者にどのように系統的レビューを進めていくのか、そして、論文を書くときに何を含むべきかを示してくれます。

計画書には以下のものが含まれることが多いです;
・検索されたデータベースとその他追加の情報ソース(特にグレー文献の場合)
・検索に使われる言葉
・検索条件
・文献の選択基準
・抽出するデータ
・報告するデータのまとめ



系統的レビュー計画書を登録する

登録をすることで、他の人が同じ系統的レビューをするのを防ぐことができます。以下の場所で登録することができます。
Campbell Collaboration: 社会的な介入に特化したもの
Cochrane Collaboration: 健康分野の介入に特化したもの
PROSPERO : 全ての分野

これらの場所では現在進行中の系統的レビューが見られるので、自分がするテーマが他の人にされていないか調べる必要があります。


系統的レビューを始めるベストな方法は?

系統的にすることが何よりも大事です。系統的レビューは莫大な量の文献を詳細に吟味し、分析していきます。自分がするレビューが効率的で、良いものであることを確かにするには、明確な過程をたどる必要があります。一般的に以下のような流れです。

1.研究の質問を設定する
2.文献の選択基準を決める
3.情報ソースを決める
4.対象研究を選ぶ
5.研究の質を評価する
6.データを集める
7.結果を分析し、表す
8.結果を解釈する
9.必要に応じて見返す


そして、各段階でノートを取っておくと良いでしょう。すると論文を書くときに非常に役立ちます。


系統的レビューの論文はどのような構造か

系統的レビューの論文は普通の論文と同じ構造です。一般的に、タイトル、要約、イントロ、方法、結果、ディスカッション、そして、参照文献です。

タイトル:研究されているテーマを正確に表します。一般的に、「系統的レビュー」という言葉はどこかに入ります。

要約:一般的に、短い文章で背景、方法、結果、結論が入った最初の文章です。

イントロ:イントロはトピックを集約し、なぜ系統的レビューが行われたのかを説明します。既存の知識やにギャップがあったり、文献の中で不一致があることで、レビューが必要になります。また、レビューの目的を述べる必要もあります。

方法:系統的レビューの論文でここが最も大事な部分となります。どのような方法でレビューが行われたのか、明確で論理的な説明が必要です。以下のポイントを詳細に示す必要があります。
・選択基準
・どれだけの研究があるのか
・選ばれた研究はどれか
・データの抽出
・研究の質を評価
・データ分析

結果:研究を検索した結果から始まり、研究の広さ、特徴、質を述べ、そして、その介入の結果を論議していきます。

ディスカッション:ここではレビューにおいて主要な発見、限界、そして、結果の信頼度を検討します。最後にレビューの強みと弱みを述べ、今回の研究が実践の場でどう役立つかを述べます。


参照
http://www.editage.com/insights/a-young-researchers-guide-to-a-systematic-review
posted by ヤス at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

職場でのメンタルヘルス。積極的なケアがコストダウンになる

メンタルヘルスに関する問題は多くの労働者に影響しています。しかしそれらは外に現れにくいので、見逃されがちです。アメリカの大規模なメンタルヘルスの調査(15〜54歳を対象)では、労働者の約2割が前の月に何らかのメンタルヘルス障害の症状を経験したと答えています。


しかしメンタルヘルスの治療などのケアを受けようとすると恥や格好悪いと思う傾向があり、それらが問題を悪化させています。マネージャーも部下のメンタルヘルスをケアしようと思うものの、手段がわからないというのが多くの場合、現状です。そして、臨床に携わるプロも、この分野は比較的新しく、どのように接するかに困っています。

こうしたことが、労働者、個人のメンタルヘルスとキャリアに悪影響をし、また、会社レベルでは、会社の生産性を下げています。しかし反対に、正しい対処をすれば労働者の症状は改善し、会社の生産性も高められます。その実現にはメンタルヘルスに対する態度を変えること、また、正しい知識が必要です。


メンタルヘルスは外から判断しにくいですが、その経済的損失は目を見張るものです。こういった研究はいくつかなされていますが、例えばWHOの「健康と労働パフォーマンス・アンケート(Health and Work Performance Questionnaire)」はよく使われるツールです。このアンケートは、メンタルヘするが原因で欠勤した日数をたずねるだけではなく、出勤した日にどれだけ生産的かもたずねます。そして、全体的にどれだけ生産性が失われているかを考えさせてくれます。

ある研究では肉体的に、または、精神的に症状を持つ34,622人の労働者を10社から集め、会社が医療や治療薬に使う費用と、労働者が上記のアンケートをして、どれだけ欠勤しているか、また、生産性が失われているかを抽出しました。

研究者が最も費用のかかる症状を計算していくと、それは肉体的な症状ではなく、うつ病でした。不安症は5位にランクしました(2位が肥満、3位関節炎、4位が腰痛、首痛)。


これらの研究が訴えるのは、メンタルヘルス問題に関わる間接的なコスト(例えば、生産性のダウンによる損失)は、直接的なコスト(健康保険料や薬代)を上回るということです。メンタルヘルスのサポートを受ける人が少ないことを考えると、企業はもっとメンタルヘルスの予防やそれに関するスタッフを強めることが勧められます。

メンタルヘルスのケアを利用しやすくするためにハーバード大学の研究者が、電話による心理セラピーを施す実験をしました。対象は業種の異なる16の大企業でした。

心理的なケアの必要な参加者を300人ずつ、電話セラピーグループと対面セラピーグループに分けました。結果を見ると、電話グループの気分は上昇していて、対面グループと比べると、現在の仕事に留まりたいという度合いが、大きく向上しました。電話グループの生産性は週2.6時間分、上昇していて、これは約1800ドルに相当します(電話セラピーのコストは100〜400ドル)

メンタルヘルスへの取り組みは積極的にケアをしていくことで、結果的にコストダウンに繋がると言えそうです。


参照
https://www.hcp.med.harvard.edu/hpq/info.php
posted by ヤス at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

アンソニー・ロビンズで英語を学ぶ 復習ノート 170402

題材:5 steps to take control of your life now

「人生のコントロールを得る5ステップ パート2」についてアンソニー・ロビンズが話しています。話し言葉を文字にしているので、文法的におかしい所があります。



●話している英語

5:09
So it goes from just a list to ‘when am I gonna what?’ When am I gonna work on it? When am I gonna do it?

5:14
Block times can move. Schedule times can’t unless you renegotiate. What’s the difference between a block time and scheduled time? Scheduled, you made a commitment to another person, so can’t be moved without negotiation. You gotta call or gotta work out.

5:30
Block time, you could move if you need to. So it has more flexibility. Makes sense?

5:35
And you do this, in an integrated way, we do this on the computer, that is fine, but actually I’ve done on paper for years.

5:40
Ok so we got capture. Pretty easy just to get out of your head to one location. We got create the plan, three questions, and three action items you are gonna do that. Maybe you got an RPM plan.

Number 3, we commit and schedule. Number 4, what do you wanna do? Complete and achieve. Complete is the most important item, achieve what you are after. Is that simple?

6:03
And finally the most important one of all to me, celebrate.


●キーワード

・block 確保する

I blocked 1 hour to work on this project.

私はこのプロジェクトに取り組むために1時間、確保しました。


・schedule 計画する

I would like to schedule a meeting with you next week.

来週、あなたとミーティングを計画したいです。



・after 求める

Tell me what you are after.

あなたが求めていることを教えてください。




●話している英語の訳

5:09
だから、単なるリストから、「いつ何をやるか?」というリストに変わるんだ。

5:14
ブロック時間は動かすことができる。スケジュール時間は、関係者に相談しないと動かせない。ブロック時間とスケジュール時間の違いは何か?スケジュール時間は誰か他人との約束。だから変更するには相談しないといけない。電話をしたり、調整をしたり。

5:30
ブロック時間は必要があれば動かすことができる。もっと柔軟性がある。わかるかな?

5:35
これを統合した方法ですることができる。コンピュータを使ったり、紙を使ったり。私は長年、紙に書いてやってきた。

5:40
私たちは「書き出す」ということを学んだ。簡単なことだ。頭から出してどこか一つの場所に置いておくんだ。そして、「計画を立てる」。そして、3つの質問と3つの行動項目。RPMプランを持つ人もいるだろう。

3つ目がコミットと計画。4つ目が完了と達成。完了とは最も大事な項目であり、達成はあなたが欲しい結果を達成するということ。シンプルでしょ?

6:03
そして最後に私にとって最も大事なこと。祝福をする。



アンソニー・ロビンズに興味がある方は以下がオススメです。
Awaken the Giant Within: How to Take Immediate Control of Your Mental, Emotional, Physical and Financial(訳本『アンソニー・ロビンズの運命を動かす (単行本)』)
Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement(訳本『一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える』)
Unleash the Power Within: Personal Coaching from Anthony Robbins That Will Transform Your Life!
MONEY Master the Game: 7 Simple Steps to Financial Freedom
【まさにTOEICの裏ワザ】僕もお世話になったSapiens Sapiensさんから待望のTOEIC教材が出ました!非常にオススメです。
TOEIC(R) テスト対策 英語ビュッフェ 【Eigo Buffet】

posted by ヤス at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | スカイプ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする