【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2018年11月20日

「自己への思いやり」の定義

思いやりを自分に対して持つことは、思いやりを他人に対して持つことと変わりません。他人から思いやりのある行為をしてもらった時どう感じるか考えてみてください。まず、思いやりを持つにはその対象となる人は、何らかの苦しみを経験しているでしょう。その人がどんな辛い体験をしているかを考えずに、思いやりを発揮することは非常に難しいでしょう。第二に、思いやりは他人の苦しみに動かされるものであり、だからこそ、あなたの心が彼らの痛みに反応することができます(英語の思いやり"compassion"は「共に苦しむ」という意味を持ちます)。あなたの心が他人の痛みに反応する時、その人を助けたいという欲求と暖かさを感じることができます。思いやりとは同時に、他人を厳しく批判的に判断するのではなく、理解と優しさを提供します。そして、他人に思いやりを持って接することで、苦しみ、失敗、非完璧さは人間誰しもあるものだと認識することになります。


自己への思いやりもこれと同じです。あなたが苦境にあったり、失敗したり、自分の嫌いなところが目についたりする時にどれだけ理解し、優しさを持てるか。そうした苦しみをただ我慢するのではなく、そこで自分をいかにケアしたらいいかを考えます。

自分の欠点について批判的に自分を咎めるのではなくて、それらに対して優しく、理解を持って接します。つまるところ、誰があなたが完璧でなければならないなどといったのでしょうか。

人はより健康で幸せになるために、いろいろなことをしますが、それは自分自身のことをいたわっているからです。自分に価値がないと思ったり、自分を受け入れられないとそうしたことはできないでしょう。つまり、自分の人間らしさを誇り、受け入れることが、自分への思いやりにとってすごく大事だと言えます。物事はいつも思い通りにいくとは限りません。ほとんどいかないでしょう。そこでフラストレーションや悲しみ、落胆を経験します。これが人間であることの条件であり、人間誰もが共有する体験です。この現実により心をオープンにするほど(抵抗するのではなく)、自己への思いやり、そして、他人への思いやりを感じることができるのです。


参照
https://self-compassion.org/the-three-elements-of-self-compassion-2/
posted by ヤス at 07:32| Comment(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

留学/海外生活のジャンルで1位になりました!

Screenshot 2018-10-25 at 21.38.45.png

お陰様で当ブログ『心の理屈(こころのりくつ)』が、留学/海外生活のジャンルで1位になりました!

これまで心理学で面白い、役立ちそうな理論や実験結果を中心に書いてきました。特に自分にとって書いてアウトプットすることが楽しく、それが大きな動機となりここまで1800以上の記事を投稿してきました。また今後も、どんどん書いていきたいと思います。これからもよろしくお願いいたします!
posted by ヤス at 19:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

医療現場におけるNLP(神経言語プログラミング)

医療の場において、患者との診察は非常に大事な役を担います。この10分ほどの間に、その人の世界に入り込み、彼らの観点を理解し、彼らの問題を定義し、患者と医療スタッフの間で同意できるような治療プランを設計する。これは非常に難しいことだと思います。

しかしながら医者のコミュニケーションが問題視されることは多々あります。私たちはそれぞれ外見が違うように、内的な情報処理の仕方も大きく異なります。NLP(神経言語プログラミング)は、臨床の現場において、人がどのように考え、コミュニケーションをとるか、また、そこから生まれる変化を観察するところから生まれました。


NLPは優れた結果をモデルし、同じような結果を複製することを目的とします。NLPの創始者たちは、エビデンスベースの医療界とは異なり、良い結果を出している人がいたら、その人がしていることを真似して、似た結果を出そうと考えました。したがって、NLPのテクニックを見ると、基となったゲシュタルト療法や催眠療法はもちろんですが、認知行動療法などその他のアプローチをモデルしたものもあります。ビジネスやスポーツの領域でNLPはより活発に使われています。しかし、一部のNLP指導者は時に裏付けのない宣伝文句を、声高々に訴えることでも知られています。イギリスで20年以上医者として働くデイヴィッド・マクドネル博士は、NLPを学び、コミュニケーションを理解するのに最も役立ったツールだと述べています。マクドネル博士は過去3年間、医者にNLPを教えてきましたが、患者との診断中にNLPが非常に有効だったと好評だそうです。

NLPは患者が使う言葉や比喩を理解し、彼らの内的な世界にマッチしたコミュニケーション方法を取らせてくれます。NLPはシンプルで素早く使えるスキルを提供し、患者が表現しづらいような問題も理解できるように手助けしてくれます。患者とのラポールを形成し、より広い視点からソリューションベースのアプローチを取らせてくれます。NLPでは、多くの心理療法が考えるような、変化を起こすには時間がかかるという考え方をしません。者の視点が瞬時にかかる「アハ!」モーメントは瞬時にして起きます。このような瞬間がセラピーで起きると、非常にプラスの影響をもたらします。


NLPは医療業界で働く人たちにとって非常に有効なツールです。マクドネル博士のように、NLPが「代替的なアプローチ」ではなく、より「メインストリーム」として受け入れられる日が来てほしい者です。

参照
https://bjgp.org/content/64/624/363
posted by ヤス at 01:02| Comment(0) | NLP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

解釈的現象学的分析(Interpretative Phenomenological Analysis)

解釈的現象学的分析(Interpretative Phenomenological Analysis, IPA)とはジョナサン・スミスによって開発された手法で、経験的であり、質的なものを理解しながらも、心理学に適合できる分析方法のことです。個人がある現象をどのように経験したのかを、特定の状況にある特定の観点から調べます。個人が出来事をどのように解釈し、意味付けをしているのかが主眼です。IPAでは、主観的、そして、反映的な解釈のプロセスを伴いながら、当事者の生の経験(lived experience)に焦点を当てます。データは研究の状況や文化的背景も考慮しながら慎重に解釈されます。


IPAは特にあまり研究がなされていない現象や新しい現象、また論理的な説明が難しい現象について、理解しようというときに有効です。当事者が生の経験をどのように理解したのかを振り返ることで、その現象を一つの観点から詳細に理解できます。そうすることで、その現象をよりよく理解でき、新たな探求の道を拓くことができます。

IPAは現象学と解釈学(phenomenology and hermeneutics)を基礎とし、そこに個人主観的な視点を付け加えます。現象学が、意識的な経験の詳細を把握し、解釈学がそれを解釈する。現象がなければ解釈するものがありませんし、解釈なくして現象があっても何も理解できません。解釈学者、マルティン・ハイデガーは、現象学的な理解は解釈にある、として、解釈学を現象学の前提としました。現象学は当事者の個人的な経験を探求し、個人的な体験には解釈が伴います。従って、この2つが共存するのです。

IPAを使って特定の現象に関わる経験を理解するとき、(特定の決められたフレームから解釈・評価をするのではなく)包括的なボトムアップのプロセスで理解をして行きます。


IPAでのデータ収集は、大抵、半構造化面談を使ってなされ、参加者の観点から、参加者がその現象をどう体験したのかを聞き取るために行われます。また、あらかじめの質問は少しは準備されますが、基本的にはオープンで帰納法的なアプローチ(個々の現象から一般的な結論を導き出す)を取ります。従って、IPAでは同じような参加者グループを集めます。

参照
https://www1.bps.org.uk/networks-and-communities/member-microsite/division-counselling-psychology/interpretative-phenomenological-analysis
posted by ヤス at 20:49| Comment(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

数学に対する不安が数学パフォーマンスを下げる

シカゴ大学が行なった、小学校1、2年生に対する研究で、成績が優秀な1、2年生は数学不安を抱えていると報告されました。この不安があることによって、不安を持たない児童よりも数学の力を発揮できないことがあるそうです。

数学ができる児童は大抵、作業記憶に優れていて、不安によってこの機能が低下するそうです。作業記憶とは「脳の黒板」のようなもので、意識上にある情報を処理するのに使われます。この種の記憶は、数字を頭の中で留めておいて処理するのに非常に重要であり、IQにも大きく関連しています。


数学への不安が強い児童は、それによって、数学の力が大きく妨げられていることがわかりました。数学の成績だけでみると、不安のない児童の半年分くらいの遅れになるそうです。

今回の実験では比較的大きな都会にある小学校で、1年生88人と2年生66人が集められました。参加児童は、成績、作業記憶、数学への不安に関する尺度に答えました。数学への不安に関しては、例えば教室の前で、数学の問題を解くことに対してどれだけ怖いと感じるか、などが問われました。

成績優秀な児童の間で、半数が中程度から高程度の数学不安を抱えていました。数学不安は、成績が優秀ではない児童の間でも見られましたが、成績には影響していなかったようです。これらの生徒は、指で数を数えたりなど、よりシンプルな対処法を実践していたので、影響がなかったのではないかと考えられています。

幼い段階でできた数額への不安は、そこで解消されないと、雪だるま式に大きくなり、数学の能力に大きく影響します。ここまでの研究で、不安を和らげたり、リフレーミングをすることで、数学の成績に大きな向上が見られたそうです。

不安をリフレーミングする一つの方法は、テストをする前に数学に関する心配事を書いてもらう事でした。「表現的ライティング」という手法で、不安を吐き出し、少なくする効果があるそうです。これによって作業記憶が数学により集中できます。


また文字を書くことにまだ慣れていない段階の児童や幼稚園児には、絵を書いてもらうのも良いでしょう。また先生の立場からも、テストを脅威的なものではなくて、何かチャレンジするものだとリフレーミングをすると良いと研究者は述べています。

参照
https://psychcentral.com/news/2012/09/13/math-anxiety-hits-high-achieving-kids-hardest/44547.html
posted by ヤス at 05:09| Comment(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする