【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2011年03月24日

日本宗教人:仏教、神道共に約1億人

日本の宗教人口を調べてみました。

文部科学省の宗教統計調査によると神道系が約1億700万人、仏教系が約8900万人、キリスト教系が約300万人となるようです。

この数字、何か不思議ですよね。これ、合計すると2億人になって、日本の人口(1.3億)を超えるんです。

この理由としては多くの日本人が宗教が異なる年間行事やお祭りに参加すること(神仏習合のため神道と仏教に明確な境目がないこと)、死亡してからも信者リストからはずさないこと、などが原因としてあるそうです(ウィキペディア「日本の宗教」より)。

日本の人口が1億3000万人だから、約80%が神道信者、約70%が仏教信者、約2%がキリスト教信者となります。圧倒的に神道、仏教の国だと言えますね。

日本の宗教や世界の宗教に興味がある方は以下がオススメです。
これからの日本、経済より大切なこと
面白いほどよくわかる日本の宗教―神道、仏教、新宗教 暮らしに役立つ基礎知識 (学校で教えない教科書)
池上彰の宗教がわかれば世界が見える


posted by ヤス at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック