【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2011年03月24日

英語上達は教科書をこなすことではなく、理解すること

私は英語のコーチングもしています。一緒に学習をさせていただくと、今のところ必ず英語力が伸びています。その中でつくづく思うのが、「面と向かうことが大事だ」ということです。

面と向かわずやると、ただ数だけをこなして身についていない、という状態を招きます。

私のアドバイスはこうです。

「進まなくていいから、理解しましょう」

ということです。英語の文章、一文を理解するのに1時間かけてもいいから、理解しましょう、ということです。

英語学習者の中に、「とりあえずこのテキストシリーズを終わらせて、そして、このシリーズを終わらせよう」といったような計画を立てる人がいます。こういった人の頭には文字通り「英語を学ぶこと」よりも「テキストを終わらせること」が入力されています。

だから、テキストを終わらせることはできるけど、あまり身についていなかったりします。大事なのはテキストを終えることじゃなくて、英語を身につけることです。

遅くてもいいです。ゆっくり、確実に進めていってください。その「理解できた」という快感が、上達に最も近づけてくれます。


posted by ヤス at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック