【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2011年05月11日

仰木マジック 勝利の人事管理術「自信を持ってもらわないと」

仰木監督がオリックス黄金時代を築いた時、NHKのクローズアップ現代で特集されていた動画(1995)がユーチューブにありました(2014年12月の段階では削除されていました)。


印象に残ったのは「選手に自信を持ってもらわないと上手くプレーできない」というように、多くの監督が考えるような「自信とか気持ちは選手がすること」と選手のメンタルな面を選手のせいにせず、いかに自信を持ってもらうかと考えているところ。

野茂やイチローといったように選手の独自の方法でやらせようとするところ。長所を伸ばしていくことに集中して、その結果、短所が減っていたり、なくなっている、という考え。


こういったのが非常におもしろいなあと感じました。やはりマジックなんだ、と思いました。
posted by ヤス at 15:45| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パソコンからコメントしてみた。
当たり前やけどパソコンの方が見やすいな笑

仰木監督はすごいよな。
将来俺は浜田野球の監督になるから勉強になったわ笑
Posted by よっちゃん at 2011年05月17日 22:59
コメント、ありがとう!
せやな、パソコンの方が全然見やすいなあ(笑)

ちょうど昨日、浜田野球の時の夢見たわ。そっかー、将来、浜田野球の監督ね〜。ヘルメット蹴る練習しとかなあかんで(笑)でもよっちゃんなら、武甕監督に負けないくらいのええチーム作りそうやな♪ええな〜
Posted by ヤス at 2011年05月18日 02:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック