【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年08月07日

論理療法 ABCモデル 非合理なBを見つけること

僕がよく使うセラピーのアプローチに論理療法があります。この中でABCモデルというものがあります。これは、人が出来事から行動に移る様子を表します。

A=Activating Event [起点となる出来事]

B=Beliefs [Aに関する信念、思い込み、言い聞かせ]

C=Consequence [感情的、行動的な結果]



例)

A=大事なプレゼンテーションをする

B=失敗してはいけない。失敗したら大変なことになる。

C=緊張、力を発揮できない。



論理療法の祖、エリス博士によると多くの人が非常に非合理的なBを持っていると言います。上述のBも非常に非合理です。このBを変えることによって、感情的な自由を選択することができると説いています。

セラピーをしていると本当にそうだなと感じます。人はいかに多くの非合理な"MUST"(〜なければならない)を持ち、それによって、自分を必要以上に苦しめています。あなたにはどのようなMUSTがあるでしょうか?それはあなたの目標に向けて有効ですか、邪魔していますか?考えると何か心のヒントが見えるかもしれません。

論理療法に興味がある方は以下がオススメです。
論理療法の理論と実際
論理療法による3分間セラピー−考え方しだいで、悩みが消える
性格は変えられない、それでも人生は変えられる―エリス博士のセルフ・セラピー


posted by ヤス at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック