2011年07月04日

心理学での博士課程の資格について

さて、今日はちょっとマニアックな話。僕は今、心理学の修士課程にいるわけですが、この上の博士号には大きく2種類あります。

それはPh.D.とPsy.D.です。

メジャーなのはPh.D. (Doctor of Philosophy)です。

Philosophyとは、哲学ですが、歴史の流れ上、医学関係以外の博士号保持者は大抵みんなPh.D.とされます。

もう一つのPsy.D.とは、 (Doctor of Psychology)です。

この二つの違いは、Ph.D.は博士論文を書くなど研究も得意分野の一部とできることに対し、Psy.D.はもっと実践を重視したものである、ということです。カウンセリングをするに学会で発表するような実験研究などは必要ないからです。

アメリカ・カナダ・オーストラリア等18ヶ国の留学費用・資料を一括取り寄せ!


Ph.D.は大学院へインターンシップを含めて5年、Psy.D.は4年くらいの過程を経ます(博士論文を書くのに1年かかるので)。

ただし大学でクラスを教えたい場合はPh.D.にしておいた方が仕事を取りやすいそうです。

心理学でアカデミックな進路をお考えの方は参考まで。

心理学での北米留学(修士、博士)をお考えの人には以下の本がお薦めです。

posted by ヤス at 12:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いきなりメッセージをしてすみません。
今、日本で国家公務員〔法務教官〕をしている者です。仕事は少年院の教官です。
今、進路のことを考えており、将来的にはイギリスで臨床神経学者として働きたいと思っています。調べても分からないことが多いので、お聞きしたいことがあります。大学では心理学を専攻し、心理学学士を持っているのですが、大学院に行き、博士号を取得した上で臨床神経心理学を専攻しなければいけないプロセスについては把握をしているのですが、大学院に行く際にconversionなどのコースを受講しなければいけませんか?
Posted by 蓮 裕文 at 2021年11月01日 22:06
蓮さま、
コメントありがとうございます!
私の知る限りですが、学士号で心理学があれば、大学院に進まれる際にはコンバージョンコースは不要だと思います。もちろん日本の学位をアドミッションオフィスがどう判断するかによりますが。
また修士の段階から臨床神経心理学に力を入れているところに進むと(もちろんBPS認定)その先もスムーズかもしれません。
頑張ってください!
Posted by ヤス at 2021年12月21日 07:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック