【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2011年07月17日

名打撃コーチ、金森コーチが推奨する新しい打撃理論

昨年、プロ野球日本一になったロッテ・マリーンズ。中でも印象的だったのが西岡選手をはじめとする打撃力の強さでした。

これに大きく貢献していたのが金森打撃コーチ。これまで中日の主砲、和田選手や、現在阪神で活躍する城島選手など数々の名打者を育て上げてきました。


今シーズン、飛躍的な活躍を見せる日本ハムの4番、中田選手も大阪桐蔭の先輩である西岡選手から金森打法を習得し、右へ左へとホームランを放っています。

金森コーチが提唱する打法は伝統的な打撃と異なりますが、非常に理にかなっていて、結果も出ている。動画を見ていて、非常に納得でした。

端的に言うと、体の近くで打つことによってより腕だけでなく体の力がボールに加わる、ということです。

詳しくは以下の動画をどうぞ(打撃理論については3分30秒頃から始まります)。






posted by ヤス at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック