【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年12月07日

heart は情緒、mind は認識、思考、感覚

「心」という意味ではよくheart だったり mind という英語が使われますが、これらの違いは何か、調べてみました。


heart の意味を Dictionary.com で調べると、「心臓」という臓器の意味の他に、"the center of the total personality, especially with reference to intuition, feeling, or emotion"訳すと「総合的人格の中心。特に直観、気持ち、感情と関連している」とありました。

一方、mind は、"the totality of conscious and unconscious mental processes and activities"とあり、「意識的、無意識的知能の過程と活動の総合」と訳されます。

つまり、heart の方が、mind より、情緒的な意味での「心」なのに対してmind は認識、思考、感覚などに関する「心」という意味なんですね。


またちなみに心理学ではよくこのほか"psyche"という言葉が使われます。もともとは神話の中で、非常に美しい女の子の名前で、男前のエロスが恋をする相手なのですが、心理学で使う場合、この psyche は"the human soul, spirit, or mind," "the mental or psychological structure of a person, especially as a motive force" つまり、「人の魂、精神、又は心」を意味したり、「人の知能的、心理的構造。特に動機の力」を意味するようです。


微妙な差異ですが、正しく使いたいと思いました。


posted by ヤス at 16:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
心、人間の究極の課題かも知れませんね。
心は、無限で、時間もなくもっとも
神に近いんでしょうね。
上手に使いたいです。
応援ポチ


http://fxsidehsfuji.seesaa.net/
Posted by じょじょ at 2011年10月12日 23:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック