【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2011年11月16日

パーソナルスペース:密接、個体、社会、公共

心理空間学について学んでいます。大事なコンセプトの一つにパーソナルスペースというのがあります。これは他人に近づかれると不快に感じる距離感のことです。

アメリカの文化人類学者のエドワード・ホールは、パーソナルスペースを4つのゾーンに大別し、それをさらに近接相と遠方相の2つに分類しました。

1.密接距離…ごく親しい人に許される空間
  近接相(0〜15cm)抱きしめられる距離
  遠方相(15〜45cm)頭や腰、脚が簡単に触れ合うことはないが、手で相手に触れるくらいの距離


2.個体距離…相手の表情が読み取れる空間
  近接相(45〜75cm)相手を捕まえられる距離
  遠方相(75〜120cm)両方が手を伸ばせば指先が触れあうことができる距離


3.社会距離…相手に手は届きづらいが、容易に会話ができる空間
  近接相(1.2〜2m)知らない人同士が会話をしたり、商談をする場合に用いられる距離
  遠方相(2〜3.5m)公式な商談で用いられる距離


4.公共距離…複数の相手が見渡せる空間
  近接相(3.5〜7m)2者の関係が個人的なものではなく、講演者と聴衆と言うような場合の距離
  遠方相(7m以上)一般人が社会的な要職にある人物と面会するような場合におかれる距離



エドワード・ホールについて興味がある方はこれらの本がオススメです;
文化を超えて
かくれた次元
沈黙のことば―文化・行動・思考


参照
ウィキペディア
http://www8.plala.or.jp/psychology/topic/personal.htm
posted by ヤス at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック