【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2011年11月16日

合気=相手の動きを利用する術理

心の状態は体に現れます。だからセラピーも相手の体を見ることで、より多くのヒントを得ることができます。

その例として、よく合気道が使われます。そこで合気道とはそもそもどういう武道なのか調べてみました。

合気道とは、円の動きを多用し、合理をもって相手を制するを旨とする武道・武術のことで、相手の力に逆らわず、相手の動きを利用する術理が「合気」の由来だと考えられているそうです。

相手から見て攻撃可能面積が狭く、次のモーションに移行しやすい「半身」を基本姿勢としており、最小限の体捌きで向きを変えながら懐に入り、無力化を狙うのがその特徴だそうです。

合気道を習いたいならこのDVDがオススメです。
合気道パーフェクトマスター (スポーツ・ステップアップDVDシリーズ)

その他、合気道関連でオススメな本;
氣の呼吸法―全身に酸素を送り治癒力を高める (幻冬舎文庫)
凶悪犯罪から身を守る! 最新護身術 (スコラムック)


参照
http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%90%88%E6%B0%97%E9%81%93
http://www.interq.or.jp/silver/sinomori/takemusu.index.htm


posted by ヤス at 13:22| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大東流の武田惣角を研究しております。合気の語源について参考になるかもしれません。
 生家の会津ではまったく研究対象にならない。子孫でさえ出版できないくらい謎が多い。近年、子孫の書いた遺稿集が発表され、真言密教の瑜祗経を修行してました。修行課程に禅密功(気功)の陰陽合気法があり、ここから引用した。密教、神通力を隠すためには合気が良かったのだとおもいます。これまでの説は説得力がない。
Posted by 池月映 at 2011年12月19日 10:41
池月さん、コメントありがとうございます。奥が本当に深いんですね。非常に興味深いです。ありがとうございました。
Posted by ヤス at 2011年12月19日 16:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック