【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2011年11月18日

メンタルヘルス障害 米47%、仏38%、日18%

メンタルヘルスの国際比較というデータがありました。生涯においてメンタルヘルス障害にかかるのはその国の人口の何パーセントなのか。OECD(経済協力開発機構)Factbook 2009 のデータをもとにすると

1位 アメリカ 47%

2位 ニュージーランド 39%

3位 フランス 38%

4位 オランダ 32%

5位 ベルギー 29%

6位 メキシコ 26% 

7位 ドイツ 25%

8位 スペイン 19%

9位 イタリア 18.1%

10位 日本 18%


となるようです。

アメリカでは国民の半分が何らかのメンタルヘルス障害にかかり日本では5人に1人がそうである。日本はアメリカと比較するとセラピーやそれの保険体制など心の問題へのケアがまだ普及していないし、文化的要素もあると思うので、単純に「この数字だから、こうだ」といったことはいえませんが、色々な国の人とカウンセリングをする上で頭に入れておくべき数字だと思いました。


参照サイト
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2140.html
http://oberon.sourceoecd.org/vl=14106299/cl=15/nw=1/rpsv/factbook2009/11/01/03/index.htm

メンタルヘルスの資格に興味があるならこちら
メンタルヘルス・マネジメント検定試験公式テキスト III種 セルフケアコース<第3版>

うつや不眠でお悩みの方にはセロトアルファがオススメです。



posted by ヤス at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック