【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2011年11月19日

信念:欲しい結果、物理的可能、適切、自分可能、価値

世界を代表するNLPトレーナー、ロバート・ディルツ博士。

僕も彼のセミナーでいろいろと学ばせてもらい、先日また会う機会があったので、復習として彼の"Sleight of Mouth: The Magic of Conversational Belief Change"という本を読んでいます。前の投稿と同様にこの本について書きます。



この本ではいかにクライアントの信念を良い方向に言葉の力を使って変えていくか、ということを学ぶことができます。

信念は目標達成には非常に大切です。具体的にどういった信念が大切なのかと言うとディルツ曰く、達成する人は以下の5つを持つと書かれています。

1.その目標は、欲しい結果である。

2.目標達成は物理的に可能である。

3.目標達成への道・手段は適切である(人生の他の大事な部分への悪影響が無い)。

4.目標達成は自分にとって、可能である。

5.自分には、その目標を達成する価値がある。


(英語そのまま直訳だとぎこちなかったので僕なりに意訳しました)

従って、コーチはクライアントがこの5つの中でどこを最も不安に思っているか。これを知り、強化していくと効率よいコーチングができる、ということです。僕もコーチングでよく利用しますが、非常に有効な気付きへと導いてくれます。

その他、ディルツ博士の著書です;
NLPコーチング
天才達のNLP戦略
NLP ヒーローズ・ジャーニー: NLPとエリクソン催眠による苦境を乗りこえる4日間ワークショップ


posted by ヤス at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック