【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2011年11月21日

「今ここ」に集中し、自分である事の自由を取り戻す

私がインターンをしているクリニックではゲシュタルトセラピーを中心に、セラピーを提供しています。

ゲシュタルトセラピーとは、フリッツ・パールズとその妻ローラにより作られました(ゲシュタルトとはドイツ語で「かたち」「形象」を意味する)。このセラピーでは、過去に何をしたか、それはなぜかなどは問わず、「今・ここ」で、「いかに」話しているか、「何を」話しているかを問題にします。

ゲシュタルトの鍵は「感覚の気付き」。それはヨガでも磨く事ができます→★日本最大級!ホットヨガスタジオLAVA★


それに気付き、体験すると、そこから全身的な気付き、覚醒をもたらし、自分自身であることの自由を取り戻すことを目指しています。

具体的に言うと、クライアントの自律(自分の求めるものを明確にし、それに伴う行動を取る)と自然な成長を阻害する障害物に対処する能力の開発を助ける事が、セラピーの目的です。

心と体は統合された全体であり、「今・ここ」での「気付き」自体に癒す力があると考える体験的なセラピーです。

ゲシュタルトの鍵は「感覚の気付き」。それはヨガでも磨く事ができます→★日本最大級!ホットヨガスタジオLAVA★


ゲシュタルト療法を学ぶには以下がオススメです。
ゲシュタルト療法―その理論と実際
ゲシュタルト療法バーベイティム

参照
http://alturl.com/9ht8g
posted by ヤス at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲシュタルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック