【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2011年11月28日

にんにくのアリシンには殺菌作用がある

最近よくにんにく料理を食べることが多いです。その後に人に会う予定があるときは、食後フリスクを大量に口にするのですが(笑)にんにくは健康に良いと言われています。具体的にはどういうことなのかちょろっと調べてみました。


にんにくにはアリシンという成分があって、これが殺菌作用を持っているそうです。だから風邪の細菌やインフルエンザのウイルスを殺菌したり、町内の悪玉細菌の活動を抑えて腸のはたらきを正常化したり、また第一次世界大戦では兵士の壊疽を防ぐための外用薬としても使われたんだそうです。

また、アリシンはチアミンという成分と結合するとビタミンB1と同様なはたらきをします。ビタミンB1は疲労を貯まらなくしてくれるんだそうです。

疲れを感じやすい時にはにんにく卵黄がオススメです!



参照
http://www.health.ne.jp/library/5000/w5000214.html
http://nin.eulbblue.com/

今度、ガーリックライスでも作ってみようかなと思います♪
http://nin.eulbblue.com/010/post_54.html
posted by ヤス at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック