【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年11月16日

「しばしば」「強いストレス状態にある」社員15%以上

2007年春にマネジメントベースという企業が日本の企業・法人に勤める正社員5000人に対してメンタルヘルスに関する調査をしました。




発表された資料によると、抑うつ、不安、脱力感といったストレス反応をこの1週間に「しばしば」以上の頻度で感じている「強いストレス状態にある」正社員の割合は全体の15.6%に達しており、年齢別では20〜30歳代前半で特に強いストレス状態にある割合が高い

中でも「30歳代前半」の人たちが、より深刻なストレス状態にある割合が最も高かったそうです。

参照
http://markezine.jp/article/detail/2025



15%の社員が強いストレス状態、本当に深刻な問題ですね。考えるだけでぞっとします。辛抱・鍛錬も大切ですが、健康はもっと大切だと思います。


posted by ヤス at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック