【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2015年01月28日

ドーパミンは運動/ホルモン調節、意欲に関連する

脳内物質について学んでいます。前回のエンドルフィンに続き、今日はドーパミンを紹介します。ドーパミン(英: Dopamine)は、中枢神経系に存在する神経伝達物質運動調節、ホルモン調節、快の感情、意欲、学習などに関わります。統合失調症の陽性症状(幻覚・妄想など)はドーパミン過剰によって生じるという仮説があります。

覚醒剤はドーパミン作動性に作用するため、中毒症状は統合失調症に類似します。強迫性障害、トゥレット障害、注意欠陥多動性障害(ADHD)においてもドーパミン機能の異常が示唆されているそうです。



参照サイト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%9F%E3%83%B3
posted by ヤス at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック