【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2012年01月17日

身体的な健康とある一定の態度や考え方には強い関係がある

同じストレスに直面しても、難なく対処できる人と

病気になってしまう人がいるのはなぜでしょうか。



シカゴ大学のスザンヌ・コバサらは、

企業の重役、弁護士、婦人科に通う女性患者など、

さまざまな人々のストレスとストレス反応を調査しました。

ストレスを処理してくれるサプリ。スカっ!とします。
以下リンクから半額でお買い求めできます。

もしかして、ストレス?今すぐストレス度チェック!


各集団の調査対象者は

ほぼ同じ種類のストレスに直面しましたが、

それが健康に与えた影響は人によって異なっていました。


各集団の人々の性格や対処スタイルを調べて分かった事は、

身体的な健康とある一定の態度や考え方の間には

強い相関関係がある
ということでした。


強いストレスがかかる生活上の出来事と

体の病気の間には相関関係は見られませんでした。



言い換えれば、違いをもたらしたのは、

被験者の思考や信念だったという事です。


ストレス解消にはヨガもオススメです。
★日本最大級!ホットヨガスタジオLAVA★


関連記事
ストレス耐性の3C コミットメント コントロール チャレンジ

スザンヌ・コバサの本は以下です(英語);
Practical Leadership in Nursing and Health Care: A Multi-Professional Approach
The Hardy Executive: Health Under Stress

参照
http://anzenmon.jp/page/10243155
http://www.consciousone.com/authorarticles.cfm?aid=53&PARTID=138
posted by ヤス at 04:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック