【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年09月06日

アメリカ人の死因、心臓病、喫煙、がん

心と体の健康は大きくつながっていますが、アメリカ人の死亡原因にはどういったものがあるのか、調べてみました。

2000〜2005年の間に、アメリカ人が死んだ原因、主要なものは以下です。

第1位:心臓病 311万9142人

第2位:喫煙 265万2000人

第3位:がん 231万1134人

第4位:糖尿病 43万6890人

第5位:医療ミス 26万4000人

第6位:受動喫煙 22万8000人

第7位:自殺 18万人

第8位:肥満 15万4884人

第9位:健康管理不足 10万8000人

第10位:飲酒運転 10万2000人

第11位:殺人 9万6000人

第12位:テロリズム 3000人


保険の見直し・相談なら【みまもりほけん】


アメリカの医療に興味がある方は以下がオススメです。
病院の内側から見たアメリカの医療システム
ルポ アメリカの医療破綻
アメリカ医療の光と影―医療過誤防止からマネジドケアまで

参照
http://gigazine.net/news/20070727_real_threat_to_americans/

posted by ヤス at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック