【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2015年02月14日

価値観・定義、五感情報、要因、結果を考える。ディルツ

世界を代表するNLPトレーナー、ロバート・ディルツ博士。僕も彼のセミナーでいろいろと学ばせてもらい、非常に参考になるので、復習として彼の『Sleight of Mouth』という本を読んでいます。


中でも、大事だと思ったのが私たちが持つ価値観には4つの考えるべき影響があるということです(p.155)。

1.その価値観の定義

2.その価値観が満たされたとわかる五感情報

3.その価値観をもたらす要因

4.その価値観がもたらす結果



例えば、「成功」に価値を置いているなら、

1.定義=仕事上で、大きな目標を達成すること

2.証拠=胸やお腹の当たりで感じる充実感、誇り

3.要因=自分のベストを出し切ること

4.結果=周りの人からより尊敬される


(英語そのまま直訳だとぎこちなかったので、僕なりに意訳しました)



自分の価値観を明確化することは大事ですが、これら4つの側面を明確にすると更に自分の価値観実現へと動かすことができます。

ディルツの訳本はこちら;
NLPコーチング
天才達のNLP戦略
NLP ヒーローズ・ジャーニー: NLPとエリクソン催眠による苦境を乗りこえる4日間ワークショップ
posted by ヤス at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック