【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2012年03月02日

傍辺縁系がモチベーション、自己コントロールに関わる

前回の投稿「大脳辺縁系は情動表出、意欲、記憶、自律神経活動に関与」に引き続き、脳について。今回は4つの部分について書きます。

交感神経系(sympathetic nervous system)

副交感神経系(parasympathetic system)

前回も書いた大脳辺縁系(limbic system)

そして、傍辺縁系(ボウヘンエンケイ paralimbic system)


1.交感神経系(sympathetic nervous system, SNS)

自律神経系の一つであり、「闘争と逃走の神経(英語ではFight and Flight)」などとも呼ばれるように、激しい活動を行っている時に活性化します。


2.副交感神経系(parasympathetic system)

「修復と再生」や「保全」という役割を担います。副交感神経が正常に働くと、呼吸や心臓の鼓動、血液やリンパの循環が安定し、胃腸などの消化吸収器官の働きが活発な状態になります。


3.大脳辺縁系(limbic system)

人間の脳で情動の表出、意欲、そして記憶や自律神経活動に関与している複数の構造物の総称のこと。"limbic"はラテン語"limbus"から来ていて、"edge"つまり「辺縁」を意味する。


4.傍辺縁系(paralimbic system)

感情処理、目的達成機能、モチベーションや自己コントロールといった機能を担います。


脳機能に興味がある方は以下がオススメです。
記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方 (ブルーバックス)
海馬―脳は疲れない (新潮文庫)
図解入門 よくわかる最新「脳」の基本としくみ (How‐nual Visual Guide Book)


太鼓で脳をリフレッシュしましょう!青山の太鼓教室。
青山の和太鼓スクール「TAIKO-LAB(タイコラボ)」




posted by ヤス at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック