【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2012年03月05日

オキシトシンは愛情の神経伝達物質

脳内のコミュニケーションを行っている物質を神経伝達物質(Neurotransmitter)と呼びます。

この中でも大事な4つの神経伝達物質をご紹介します。

1.オキシトシン(Oxytocin)・・・「愛情の神経伝達物質」と呼ばれ、赤ん坊と親の間に生まれる愛着感情を作ります。


2.ギャバ(GABA)・・・いわゆる「抑え役」をしてくれます。不安を鎮めたり、睡眠を促進する効果がある脳内物質だといわれています。


3.グルタミン酸(Glutamate)・・・興奮性の神経伝達物質です。


4.ドーパミン(Dopamine)・・・快感をうながす「報酬と強化」において大事な役割を果たす神経伝達物質です。




脳の仕組みに興味がある方はダルビッシュ投手も読んでいるこちらの本がオススメです。
図解入門 よくわかる最新「脳」の基本としくみ (How‐nual Visual Guide Book)


この動画の12:13をご覧下さい。

その他、ダルビッシュ投手が読んでいる本は以下です。
図解入門 よくわかる生理学の基本としくみ (図解入門 メディカルサイエンスシリーズ)
図解入門 よくわかる病理学の基本としくみ (メディカルサイエンスシリーズ)
図解入門 よくわかる栄養学の基本としくみ (メディカルサイエンスシリーズ)
〈ゼロからのサイエンス〉よくわかる生化学

参照
Practical Handbook of Psychopharmacology: A Clinician's Guide
http://www.kyyemr.net/brainchemical.html
posted by ヤス at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック