2012年03月16日

すっぱいブドウは認知的不協和




心理学の研究をすると

いろいろとおもしろい現象を知ることができますが、


その一つに、

認知的不協和現象(Cognitive dissonance)

というものがあります。


人が自身の中で、矛盾する認知を

同時に抱えた状態であったり、

またそのときに覚える不快感のことを、

認知的不協和といいます。



アメリカの心理学者、レオン・フェスティンガー

によって提唱されました。


人はこれを解消するために、

自身の態度や行動を変更すると考えられています。



有名な話として、

イソップ物語のすっぱいブドウの話があります。

キツネは木に実ったおいしそうなブドウを見つける。

それがほしいからキツネはジャンプしたりして、取ろうとする。


しかしキツネはブドウが高すぎる場所にあるため取ることができない。


キツネは「どうせあんなブドウおいしくないわい」と

自分の認知を変えて、ブドウが取れなかった不快感を解消する。


これは典型的な認知的不協和です。



またレオン・フェスティンガーがした実験は

学生バイトにおいて、

同じ仕事を、

一部の学生には安価でやってもらい、

他の学生には高価でやってもらいます。



そして、仕事のおもしろさについて学生に聞くと、

安価でやった生徒の方が、

仕事がおもしろいと答えたそうです。


仕事の労力に対して給料の割りが合わない。

その不快感を消すために、

仕事がおもしろかったから、

と自分自身を説得するわけです。


認知的不協和、

これ意外と結構みられる現象

なんじゃないかなあと思いました。



参照

http://tinyurl.com/y82fuo

『すっぱい葡萄』




『社会心理学』



人気ブログランキングへ
↑1日1クリックお願いします m(_ _)m





ラベル:認知 実験 心理学
posted by ヤス at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック