【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2012年03月20日

クライアントさんのウォンツがあって成功する

僕がよくカウンセリングで使う手法の一つに催眠療法というものがあります。催眠というのは別に特別なものじゃなくて、私たちが毎日の生活の中で感じている何かに没頭している状態とか、起きている状態から寝る状態に入る途中の段階、そういったものが催眠の状態だといえます。

催眠療法は無意識に直接的に変化を訴えるので、非常に効果的です。

大事なのが自分がほしいと思っている変化しか実際には起きないということです。ですので、僕がクライアントさんをコントロールするのではなく、クライアントさんのウォンツがあって、初めて成立します。

僕自身も自分で催眠テープを作り、毎日聞いているのですが、本当に効果があります。クライアントさんにももっと自分に自信をもちたいとか、もっと痩せて奇麗になりたい、鈍感力をつけたい、ぐっすりと眠れるようになりたい、試合や試験で集中できるようになりたい、失恋のショックから回復したいなどといった課題に催眠療法を使い本当に優れた効果を出しています。

確かな実績18万人★骨盤ダイエット


次回の投稿では催眠のもうちょっと具体的なことについて書きたいと思います。

不眠は高ストレスのもと。ぐっすり眠るには癒しエキス配合の休息ドリンク>>詳細はコチラ


参照
催眠術のかけ方 ―初心者からプロまで今日から使える
posted by ヤス at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 催眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック