【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2012年05月14日

「今ここ」の感情体験

ゲシュタルト療法では「今ここ(here-and-now)」を重視します。これは伝統的なセラピーと大きく異なります。

伝統的セラピーは、現在の症状を過去の出来事で分析していきます。しかし、ゲシュタルト療法では過去の出来事が現在に影響しているのではなく、それを現在のあなたが解釈していて、それがあなたに影響している、という立場を取ります。だから、セラピーで実施するワークは感情体験を伴うものが多いです。

●未解決の行為をセッションの場で、解決してもらったり、(「あの時、こうすればよかった」という体験を再現して、その行動を実際にしてみる)

●言葉に適切なジェスチャーを当てはめてその動きを感じてもらったり、またはその反対でジェスチャーに適当な言葉を当てはめてもらったり、

●または単純に感情を伴う言葉を繰り返してもらったり、

●話した言葉とは、正反対の言葉を言ってもらったり、

●ジェスチャーを大げさに表現してもらったり、

●MUST(〜べき、なければ)の自分と、WANT(〜したい)の自分で対話してもらったり、


といったワークを実施します。

僕の体験を話すと、言葉だけの分析よりも、実際の感情体験を交えた方が圧倒的にセラピーの効果性が高まります。というのも、僕が思うに、私たちの人生は言葉上ではなく、感情体験の中で起きているからだと考えられます。

今後ももっともっとトレーニングを積んでいって、学んで行こうと思います。

ゲシュタルトを学ぶには以下の本がオススメです。
ゲシュタルト療法―その理論と実際
ゲシュタルト療法バーベイティム
posted by ヤス at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲシュタルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック