【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2012年05月29日

進むことより、わかること

英会話を教えさせていただく中で思うことが、【進むことより、わかること】が大事だということです。

僕が英語を本格的に勉強し始めたのは高校3年生のときですが、大事にしたことは「もし今、外国人がこの文章を僕に喋ってきて、何もなしでガチンコでぱっと理解することができるか?」ということでした。

だから、NHKのカセットテープを聴きながら、聴き取れなかった文章は何回も聴きなおしました。そして、わかるようになったら次に進む。この勉強法が良かったんだと思います。


もちろん量をこなすことは大事です。それも見えない「質」よりも、見える「量」であれば数字に表せる事で、その数字を稼ぎやすい。「何冊、本を読んだ」とか「何時間、リスニングをした」など。

これらは進歩を計るのに良いメジャーかもしれませんが、もっと大事なのは「どれだけ力が伸びたか?」だと思います。2冊の本を読んで英語力が10%伸びるケースと、100冊読んで5%伸びるケースがあれば、前者の方が英語力向上においては良い成果だと言えます。だから、英会話レッスンのクライアントさんにはテキストを勉強する際に、【進むことより、わかること】を優先してもらいます。

例えば、1日10分、集中して英語を勉強しているなら、聞き取れない文章、1文を聞き取れるようになる為に10分間繰り返し、それだけを聞いてもいいと思います。薄っぺらい理解で、次に進んで大量の消化不良を貯めるよりも、目の前のことをきちっと理解する。これがすごく大事だと思います。

先日のセッションではそういったことを話していて、これ、自分の勉強にも当てはまることで自分がどれだけきちっとできているか、ちょっと考えさせられました。

もちろん、このポリシー(進むことよりわかること)を完全に実施することは大学院という課題ボリューム満点の世界では最適とはいえませんが、もう一度、僕自身このポリシーを意識したいと思いました。

北米の大学院への留学をするにはGREやGMAT、そしてTOEFLにおいて高得点を取る必要があります。効率よく得点アップしたいならコチラの教材が圧倒的にオススメです!
アメリカ大学院留学 Special Package
MBA留学 Special Package 【TOEFL, 英作文講座SET】
TOEFL(R) テスト 「絶対」 Score UP 講座
posted by ヤス at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック