【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2012年05月30日

wantとneedを見分けること

セラピーをしていく中で、毎週最低1時間はセラピーの監督者とセラピーについて話すことがカリフォルニアでは義務付けられています。今週はカップルカウンセリングについて話をしました。

カップルという特殊な人間関係の中では、妥協できるところ、柔軟にできるところは融通を利かせて、それができないところが合うか、合わないか。これが合えば、関係を継続すべきだし、合わないなら、継続は難しい。

これはつまりは「”自分のwant(ほしいもの)”と”自分のneed(必要なもの)”とを見分けることだ」ということ。want と need の違いは、need はそれが無かったら存続できなくなるもの。食べ物や、水、愛などといったものがあるかもしれません。対して want はほしいもの、つまり、ほしいんだけど、無くても何とかやっていけるもの。

カップルの関係において自分の何がneedで何がwantかを知る必要があります。

あるカップルは、男性(仮名、ジョン)が非常に努力家で、毎日コツコツと自分を律することを重きとしています。彼はこの価値感を非常に高く評価していて、「これがないと、生きている感じがしない」と言っています。何となく、want を超えて、needな感じがします。

このカップルのケンカの多くが、ジョンが妻(仮名、ジェーン)の行動を見て、そこには努力や自律がないと感じ、「ジェーンの生活はだらしない」と怒り、ジェーンは「ジョンは生活の基準を高く持ちすぎよ」と怒っている。

この場合、ジョンの「自律」という価値感はwant なのか need なのか、これを一緒に考えていく必要があります。「自律」がなけりゃ、生きていけないか。「自律」をちょっと緩めることを想定するとどんな感じがするか。

こういったことをセッションプランとして進めていきます。

このセッションプランをケースノートに書きながら、2人の血のつながらない人間が一緒に生活をしていく。本当に難しいことだなあと感じながら、セラピー監督者の部屋を去りました。

恋愛や結婚生活に悩みはつきものです。こういった問題は早めにきちんと処理をしないと、後になって大きな辛い結果をもたらします。オールアバウトの相談所です。フリーダイヤルで電話相談できます。無料登録するだけでも良い情報にアクセスできます。



この他、カップルにオススメな本やDVDはこちらをご覧下さい。
>>「カップルや恋愛におすすめな本、DVD」

posted by ヤス at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カップル・夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック