【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2012年05月31日

アウェアネス・コンテニアム(気付きの連続体)

今日のセラピー、グループトレーニングでは、ゲシュタルトセラピーの基本とも言える気付き(アウェアネス)に関するワーク、「気づきの連続体(アウェアネス・コンテニアム)」という実習をしました。

これは、2人ペアを組み、交互に「私は〜に気づいています」や「私は〜を見ています/聞いています/感じています」といった表現で自分の「気づき」を交互にシェアしていきます。

ここで注意したいのが自分の気づきがどの範囲にあるかということ。

ゲシュタルトでは気づきには3つの範囲があるといいます。

1.内的ゾーン(内的な感覚や感情、体感覚、その他内的に作っている五感情報)

2.中間ゾーン(認知的機能。記憶や連想、妄想など)

3.外的ゾーン(外の世界と接触する部分。外的入ってくる五感情報。私たちが外の世界をどう認識するか、また私たちが取ろうとする行動もここに含まれる)


"Gestalt Therapy: 100 Key Points and Techniques" p.96 より

自分が発言したことがどのゾーンにあるのか、これに注意をすることで、自分の勝手な解釈や、思い込みに気づくことができます。

例えば、AさんとBさんがこの実習をして

A:私はあなたの眉間にしわがよったのに気づきました。

B:私はあなたの声のトーンが上がったのに気づきました。

A:私は少し申し訳ない気持ちを抱きました。

B:私は胸に熱い感覚を感じました。


この場合、あくまで仮説でしかありませんが、AさんはBさんの眉間のしわをみて、自分が何かBさんに不快なことをしたのかも、と感じ、それで申し訳なくなったのかもしれません。BさんはAさんの声のトーンから、AさんがBさんに怒っている、と解釈したのかもしれません。

いずれにしても本人の気づきのワークなので、本人が気づくことなのですが、このように相手の中で本当に起きていることと自分の勝手な解釈とを分けることはきわめて重要です。

特にカップルセラピーやファミリーセラピーにおいては、勝手な解釈や、憶測だらけでコミュニケーションが成り立っていることが少なくありません。「あいつがこうしたのは、こういう意味だ」といった具合に。

ゲシュタルトの創造者、フリッツ・パールズは「私たちが思っていることのほとんどは投影(プロジェクション)だ」と言っています。投影、わかりやすく言うと勝手な思い込み。

僕の場合、「話を聞いている人が、こうしたら、僕の話はおもしろくない」とか「僕には価値がない」といった思い込みや、「人とのつながりを維持していたい」といった願望、そういったものが心のどこかにあることに気づきました。

日本文化においては、察すること、気づくことは大事ですが、それが事実をベースにしたものか、そして、その気づきや察しが現実をありのままで見ることを邪魔して、その状況で不作用していないか、これを見極めることが大事だと感じました。

文化心理学を学びたいならこの本がオススメです;


ゲシュタルトに興味がある人は以下の本がオススメです;
ゲシュタルト療法―その理論と実際
ゲシュタルト療法バーベイティム

「心理学をしっかりと学びたいけど、時間がない、、、」という人には通信教育がオススメです。無料の資料請求はこちらからどうぞ;



参照
http://www.internet-of-the-mind.com/gestalt_psychology.html
http://www.selfgrowth.com/articles/Yarian2.html

以下のPDFファイル、おもしろそうなので今後見てみたいです。
"An introduction to Fritz Perls'dream interpretation techniques"
posted by ヤス at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲシュタルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック