【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2012年06月23日

-tiveは「傾向のある」、-alは「関する」

英語の形容詞の中には

sensitive のように -tive で終わる単語

sensual のように -al で終わる単語があります。

授業中の会話の中で、

ちょっと気になったので調べてみました。


調べたところによると、

-iveは,「…の性質を持つ」「…の傾向のある」

という意味の形容詞を作るそうです。

英語では"tending to; having the nature of"の意味。



-alは、名詞に付けて

「…の(性質の)」「…に関する」

という意味の形容詞を作るそうです。

英語では"relating to; of the kind of"の意味、

となるそうです。



言葉は深く、おもしろいですね。

覚えておこうと思います。





参照
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q107134895
posted by ヤス at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック