【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2012年07月04日

"Addiction(中毒)"の語源は、「手放された」

昨日はラウル・ゴールドバーグ教授による中毒に関する講義がありました。
http://www.drraoulgoldberg.com/
http://www.syringahealth.co.za/

中毒に対する概念や、セラピーの手法を教えてもらい非常に有効な講義でした。

そこで疑問に思ったのが "Addiction(中毒)"という言葉の語源。もともと "addiction(中毒)"という英語は、ラテン語の "addicere"の過去分詞 addictus を語源としており、これは英語でいうと "deliver"や"yield"といった「手放す」「引き渡す」の過去分詞形、つまり「手放された」「引き渡された」といった意味が語源となっています。

僕なりの解釈ですがコントロールを引き渡された状態というのでしょうか。語源のおもしろさをまた知りました。

ちなみに辞書の定義ですが、

Addiction

the state of being enslaved to a habit or practice or to something that is psychologically or physically habit-forming, as narcotics, to such an extent that its cessation causes severe trauma.


http://dictionary.reference.com/browse/addiction?s=t

訳すと

その習慣を停止するとトラウマになるほどの心理的または物理的な習慣を形成するものの奴隷となる状態。

日本語で「中毒」を調べると”生体内に入った薬物・毒物や生体内の代謝産物によって病態や機能障害が生じること”とされていました。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E4%B8%AD%E6%AF%92&stype=0&dtype=0


英語は語源を覚えるとボキャブラリーを飛躍的に増やす事ができます。
英語語源辞典


参照
http://www.etymonline.com/index.php?term=addict
posted by ヤス at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック