【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2012年07月13日

欲しい結果を定めてそのために脳を使う



僕は催眠療法の資格を持っており、

催眠療法をクライアントさんに使うとともに

自分自身に対しても催眠をしているのですが、

本当に効果があります。




無意識に直接的に働きかける。

これによっていろいろなクライアントさんの悩みを

解決したり、解決する糸口となってきました。

自信をつけたり、

鈍感力をつけたり、

流暢に話せるようにしたり、

病気やケガの回復を速めたり、

集中力を高めたり、

パフォーマンス向上、

悪い癖を治す、など。


催眠を多様していて思うことが

普通に何かをするときでも、

脳のイメージの力をどんどん使えばいい、ということです。

例えば、ジムで運動しているなら、

それによって筋肉が非常に鍛えられ、

望むように変わっていることを強くイメージするとか、

寝るときには、その睡眠によって

体中の細胞が本当にリラックスして、

起きたら最高に元気になっているイメージなどです。

また、女性のクライアントさんなら、

運動中や、毎晩フェイスクリームを塗るときに

それによって肌が非常にきれいになっているイメージをする。

もちろんその人により効果的なイメージングは

催眠や心理学の専門家と話し合えばより効果的なものができますが、

それでもイメージをする、ということだけで

大きな違いが出ます。


クライアントさんに催眠療法をしながら、

僕自身ももっと脳の力を使っていこうと思います。

人気ブログランキングへ
↑1日1クリックお願いします m(_ _)m




ラベル:催眠 結果 達成
posted by ヤス at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック