【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2012年08月16日

性生活が日常生活に与える影響

セラピーを実施する最初のセッションのことをインテイク・セッションと言います。ここでは州から定められた質問をしてクライアントの基本情報を聞き出します。そこで、クライアントがそのセラピストとセラピーをするのに適しているか、またこのクリニックでセラピーするのに適しているか、という判断をクリニック・ディレクターが下します。




その質問集の中には性生活について聞いていくものがあります。もちろん、クライアントが答えられる範囲で答えればいいのですが、この質問、長くセラピーをしていくほど大事になってくるケースが結構多いです。

性生活のことはあまり世間ではオープンに話されません。アメリカも日本もそうだと思います。それだけにこの部分について話を聞いていくとその人の心理構造の大事な部分がわかることが多いです。


その人はどのように快感を求めているのか、どのように緊張に対処するのか、圧力にどう対処するか、責任にどう対処するか、などなど。また、性生活の満足は男女共に生活全体の満足度と大きく関連しています。

そして、カップルセラピーの場合、この部分がカップルの関係性の大部分を占める、というケースも稀ではありません。セックス、性生活についてカップルがオープンに話せる環境、またカップルだけではなく恋愛関係や結婚生活に悩む個人がオープンに話せる環境、これもセラピーの成せることだと思います。


その他、関連サイト
大丸1http://allabout.co.jp/gm/gc/302159/
大丸1http://www.geocities.jp/heart_of_story/sex38.html
大丸1http://www.sf-magazine.com/may00/sex.htm
posted by ヤス at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | カップル・夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック