【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2012年09月25日

心理学のキャリア平均年収比較・アメリカ

心理学系の職業の中にはたくさんの種類があるのですが、それぞれ平均の年間給料はどれくらいなのかアメリカではこうなっているそうです。

既卒の就職なら!【ハタラクティブ】


1.精神科医・・・年間168,000ドル

精神科医になるには4年大学を卒業後、8年間の勉強が必要。学生時代は医学大学で勉強し、4年間の研修期間が必要。平均すると精神科医が心理学分野では最も高い給料を得るものの、精神科医の中でもどの分野の専門医なのか、雇用されている場所、業種によって異なる。

2009年の"The Occupational Outlook Handbook(職業展望手引き)"によると内科医院で働く精神科医は平均159,000ドル、しかし外来のケアセンターで働く精神科医は188,000ドルだとのこと。


自分の「うつ」を治した精神科医の方法 (KAWADE夢新書)





2.産業組織心理学者・・・年間98,000ドル

産業組織心理学者になるには修士号で可能だが、博士号がある方がより良い給料の職に就けるチャンスは高まる。

彼らは心理学の知識を利用して職場の問題を対処しようとする心理学者。労働生産性の向上、ベストな採用、マーケットリサーチなどは彼らの職の一部。

産業組織心理学学会によるとトップ5%の産業組織心理学者は年間250,000ドル稼ぐらしい。修士号取得者の初任給は年間でだいたい40,000ドル。博士号の場合は、55,000ドル。


よくわかる産業・組織心理学 (やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)

心理学を勉強したい!、、、でも仕事があるから無理、、、そんな人には通信講座がお薦めです。無料の資料請求は以下からどうぞ↓
人気の通信講座・通信制大学が満載


3.神経心理学者・・・年間90,000ドル

神経心理学者になるには神経心理学または臨床神経心理学の博士号が必要。彼らは脳と認知科学を専門とする。

彼らは認知テストや脳スキャンの実施、また薬物の脳への影響等を調査する。大学や研究所、メンタルヘルス病院で働く。


神経心理学入門


4.工学心理学者・・・年間80,000ドル

工学心理学者は修士号でも就職可能だが、博士号がある方がより高い給料の職業に就ける。

工学心理学者はシステム構築や効率を求める装置を提案したり、ケガを減らす物理環境を考える。


ヒューマンインタフェースの心理と生理


5.臨床心理学者・・・年間73,000ドル

臨床心理学者になるには、アメリカのほとんどの州では博士号を取得し、1〜2年間の研修期間を経験し、州が定める免許試験に受かる必要がある。

臨床心理学者は心理アセスメントや診断、治療を定めたり、心の病気を防ぐことをする。

臨床心理学者は病院や精神病院、また個人オフィスというのが働く場所である。

5年間実務経験のある臨床心理学者だとおよそ54,000ドル、10〜14年の経験だと100,000ドルだといわれている。


史上最強カラー図解 臨床心理学のすべてがわかる本





6.カウンセリング心理学者・・・年間73,000ドル

カウンセリング心理学者になるには博士号が必要で、これにはPh.D, Psy.D. 又は Ed.D.がある。

カウンセリング心理学者は臨床心理学者と同じような仕事をするが、一般的に臨床心理学者と比べると軽度の病気や症状の患者を診る。

この分野の多くがカウンセリングを提供するが、中にはリサーチを実施したり、大学で教えたり、職業カウンセリングを提供したりする人もいる。


心理療法/カウンセリング 30の心得


7.犯罪心理学者・・・年間59,000ドル

修士号でも就職は可能であるが、通常、臨床、カウンセリング、又は犯罪心理の博士号が必要。

犯罪心理学者は法律に関する事柄に取り組む。犯罪者の心理状況を診断したり、子供保護の問題や、子供虐待やある事件の目撃者の心理ケアなどをする。


FBI心理分析官―異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記 (ハヤカワ文庫NF)


8.スクール心理学者・・・58,000ドル

アメリカのほとんどの州ではスクール心理学者専用の60単位のコースを必要としている。これを修了するとたいがい修士や教育学博士号が取れる。

およそ32%のスクール心理学者はPh.D, Psy.D. 又は Ed.Dを持つ。スクール心理学者は学校に通う生徒の心理状況を診断する。彼らはたいてい先生や医者といった、他の専門家と共働する。職業展望手引きによると、この10年間でこの分野の需要は11%増えるとされている。


学校心理学―教師・スクールカウンセラー・保護者のチームによる心理教育的援助サービス


9.スポーツ心理学者・・・年間55,000ドル

この分野のほとんどの職はスポーツ、臨床、カウンセリング心理学(又はその関連分野)の修士又は博士号を必要としている。

彼らはアスリートの心理構成に興味を持っている。彼らが取り上げるトピックはモチベーション、アスリートのパフォーマンスなど選手の能力発揮を高めたり、ケガからの回復をサポートしたりする。

たいてい給料は45,000ドル〜80,000ドルだが、プロ選手と契約しているスポーツ心理学者は100,000ドル以上は稼ぐとされている。


勝負を決する!スポーツ心理の法則

既卒の就職なら!【ハタラクティブ】


参照
http://psychology.about.com/od/careersinpsychology/tp/highest-paying-psychology-careers.htm
posted by ヤス at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック