【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2012年09月26日

ダンスは原始的な脳を刺激してくれる

カナダのマクマスター大学のスティーブン・ブラウン教授らの研究によるとダンスをする時、人間の脳にはたくさんの信号が送られ、その結果、より健康にしてくれる効果があるそうです。

ブラウン教授らは、ダンスをする人、また彼らにダンスをしている人を見てもらってその時に脳内にどういったことが起きているのか脳内スキャンで調べました。

その結果わかったことは、

1.ダンスとは人間表現の中でも原始的なものであり、おそらく音楽と共に発展した機能だということ。

2.ダンスは脳の複雑性を鍛える。

ダンスをするには複雑な脳内プロセスが必要で、具体的には脳の一部が、自分の体のそれぞれの部分がどこに位置しているのかをイメージする機能を果たし、それによって私たちはそれらを動かすことができ、別の脳の部分は、音楽のリズムを認知し、それに合わせて体を動かすように助けてくれる機能を果たしているそうです。

3.無意識に働きかける。

何も考えずに音に合わせて体を動かすというのは無意識が快感とするもので脳の表層部分にある聴覚部分を越えて無意識を刺激できる行為だそうです。

ダンスで楽しく体を引き締めたいなら【ダンシングEMS】がオススメです!ストレス無しの簡単ダイエット。詳しくは以下より。



参照
"The Neuroscience of Dance" by Steven Brown & Lawrence M. Parsons
posted by ヤス at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック