【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2012年10月13日

イチローの結果だけじゃなく姿勢にも感動

今日たまたまユーチューブで、イチロー選手がダブルヘッダー(1日2試合すること)で1日に7安打した動画を見つけました。


イチロー選手のバッティングは見ていて独特の快感を味わえるので見ていたのですが、この映像の後にイチロー選手のこれまでの大リーグでの経験を軽く振り返り、それで今シーズンを見るというものがありました。

今シーズンは特に不調で、7月下旬にマリナーズからヤンキースへ。そこでは下位打線をまかされたり、時には代打や代走、守備要員として使われる。歴史的な偉業を日本だけでなく、アメリカでも出してきた選手だけれどそれに不満をいわず、チームのためにやることは何だってやる。


イチロー選手以上に、イチロー選手のファンの中で、なんで8番なんか打たせるんだって不満になった人もいると思います。でもイチロー本人は不満をいわずチームのために、とひたむきにプレー。現在、プレーオフでは順位を上げて2番を打っている。

姿勢がえらい、と思うと同時に最高の成果を出すために、考え方が賢いとも思いました。最高の成果を出すには不満を持っていてはできない。最高の成果を出すには感謝とか、チームのために的な精神が必要。これは心理学でも証明されていることです。

じゃあ、今ある状況、下位打線やサブとしての利用をどうゆうふうに解釈していこうか。こういう視点から、「自分は途中から来た選手だし」とか「チームのために何でもする」という姿勢を持ち、そうすることで、感情的な負の要因を処理している。出来事の解釈の仕方もすばらしいと思いました。

最後にキャスターの古館さんが「プロとは命がけの道楽」と言いましたが、これもいい言葉だと思いました。

イチローに興味がある方は以下がオススメです。
イチロー 262のメッセージ
イチロー・インタヴューズ (文春新書)
イチローの流儀 (新潮文庫)
イチロー×北野武 キャッチボール [DVD]
プロフェッショナル 仕事の流儀 DVD-BOX
2006 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表 栄光への軌跡 [DVD]
'09 WORLD BASEBALL CLASSIC TM 日本代表 V2への軌跡 [期間限定生産] [DVD]


posted by ヤス at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック