【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2012年10月16日

幸せの40%には影響することができる

スタンフォード大学ビジネススクールで幸せについての講義があったそうです。

同スクール、カロール・ロビン教授によると

50%の幸せは遺伝によって決まり、

10%の幸せは状況によって決まり(結婚、収入増加、子供が出来た 等)

残りの40%の幸せは、私たちの意図的な行動で決まるそうです。



「状況による幸せは、その時だけ幸せになるもので長期的な幸せは提供してくれない。そして、40%の幸せ、意図的な行動こそが私たちが直接的に影響できる部分だ」と言っています。

では、どうやって幸せを増やすことが出来るのか?

カロール教授は3つのことを挙げています。

楽しみ、関わり、目的。

この3つに関する特定の行動を見つけ、数週間試してみることが大事だそうです。


1.楽しみを増やす

・何事にも、誰に対してもいいから、感謝する習慣付け

・ゆっくりと何かを味わったり、体感する時間を一日に設ける。

・感謝日記をつける。毎日の終わりに3〜5個、感謝していることを書く。大きなことでも小さなことでも何でもかまわない。




2.深く関わること。そしてフロー体験をする。

・フローはあなたが深く関わっている時に起きる。

・フローを体験するには、あなたのスキルレベルとあなたの課題レベルとがマッチしている必要がある。

・フローをもたらしてくれるアクティビティを見つける。




3.学習のゾーンを広げる

・人間にはみんな通常の行動、思考パターンと安全ゾーンがある

・安全ゾーンの外は、あいまいゾーン、あいまいゾーンの外は危険ゾーン

・安全ゾーンから少し出て、その範囲を広げると良い



スタンフォード等、名門MBAへ進学するにはGMATでハイスコアを出す必要があります。それには以下のパッケージが断然オススメです。

MBA留学 Special Package 【TOEFL, 英作文講座SET】


短期留学をして英語力を飛躍的に高めたいなら政府公認語学学校の【NILS】がオススメです。資料請求は以下からどうぞ。
94,500円/1ヶ月 の完全マンツーマン留学【寮・食事付き】

初心者も安心の<格安>語学留学はこちら



参照
http://karenpoilee.tumblr.com/post/33045978739/stanford-gsb-lecturer-carole-robin-gave-a
posted by ヤス at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック