【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2012年11月13日

女性の歩き方で何がわかる?

動物のメスが排卵期にあるときは性欲が高くなり体内ホルモンの分泌が増加し、それが振舞いに出るといわれています。しかしヒトの場合は排卵期にある時、それはなかなか外に出ないといわれています。こうすることで男性は女性の性欲レベルを推測しなければならず男性に性的な関心を長期的に持ってもらうためだと考えられているそうです。




しかしながらこの実験は、ヒトでも女性が排卵期にあるときは何かと外に現れているのではないか、という質問の元、進められました。

女性が排卵期に入ると肉体的な変化としてはより高いトーンで喋るようになり嗅覚が強くなり、血行がよくなっているため少し赤らんで見えます。行動的な変化としてはより露出度の高い服を着る傾向が出るそうです。また過去の実験で調べられたことに非言語コミュニケーションにおいては女性は男性よりも性的関心のあるというメッセージを発する、というものがあります。

そこでフランスの研究者、ニコラス・グエグエンは排卵期にある女性は、そうでない女性と比べて、性的非言語コミュニケーションをより発しているのかどうか、調べました。グエグエンは103人の女性の協力を得ました。実験は以下のように進められました。

まず女性が実験室に着くと実験者から待合室で2人目の参加者が来るまで待つように指示されます。

待つこと2分。

そこにイケメンの男性が入ってきます(俳優、実験のオトリ)。そして、実験者は前の2人組の反応を集計しているからそれが終わるまでもうちょっと待合室で待つよう指示します。待っている間、男性は女性に自己紹介をして雑談をします。

その2分後、実験者が戻ってきて待合室から建物の反対側にある実験室へと長い廊下を歩いていきます。

歩いている途中、実験者は緊急の電話が入ったと言ってまた参加者を2人きりにします。

そして、去るときに「実験室はお手洗いの向こうの部屋です。赤いドアの。そこで待っていてください。2分ほどで参ります」と伝えます。

そしてイケメン男性は女性の1メートルほど後ろを歩きます。男性はコートに隠しているカメラで女性の歩く様子を撮影します。実験室に着く直前に男性はカメラを止め、実験室で実験者を待ち、実験者が入ってきます。

そして実験者はあらかじめ伝えておいたコンピュータに関する言葉の実験を始めると2人に伝えます。

そこで実験者は参加者の唾液サンプルを取ります。実はここで女性の黄体形成ホルモン(luteinizing hormone)といって受精の可能性に関するホルモンのレベルを計測するのです。

ここで実験は終了。参加者には実験の本当のことが知らされます。

グエグエンは具体的に2つのことを調べました。1つはどれだけ歩くのに時間がかかったか。セクシーに歩こうとすればするほど時間がかかる、という理論の元です。

2つ目は、2人の男性に女性の歩く姿を見てもらい1から5までで、歩く姿のセクシーさを評価させました。

さて、結果の方はどうなったか?

唾液から受精度が高いと判断された女性の方が、より長く歩くのに時間がかかり、また男性のセクシー評価も高かったのです。

過去の研究で明らかになった「女性は排卵期に近くなり、受精期間に入ると、男性に対してより魅力的にまたセクシーに振舞うようになる」ということを裏付ける実験結果になったとグエグエンは結論付けていました。

樹齢20年以上の天然樹で作られた「女性らしさ」促進サプリメント。今、多くのモデルが摂取しているそうです。




参照
http://www.psychologytoday.com/blog/head-games/201210/what-womans-walk-says-about-her
posted by ヤス at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック