【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

【TOEFL(R) Test 対策】 AdmissionsBuffet (アドミッションズ・ビュッフェ) プレミアム・プラン

2012年12月12日

年長者と話すと長い目で人生を見れる


ケーススタディで学ぶ 「コーチング」に強くなる本・応用編 人材育成に効果をあげるスキルアップ73の視点 (PHP文庫)


このところ60歳以上の年長者とお話をすることが多いです。

最も上の人は80歳前半なのですが、

こういった方々とお話をすると

人生を非常に長い目で見ることができます。

30歳の人の話をして

「まだまだ若いんだから」という反応が返ってきて、

40歳の人の話をして

「まだまだ若いんだから」という反応が返ってきて、

そして、50歳の人の話をしても

「まだまだ若いんだから」という反応が返ってくる。


僕は人生の計画といっても

5年くらいの単位で見ることが多く、

それによってプラスもあるけれどマイナスもある。

こういった方々をクライアントに迎えることで、

この人の視点からこの問題をみたらどうなんだろう、

と自然と長い目をもって自分の目の前のことを見ることができる。


現象が問題となる最も大きな原因は視点の問題だと思います。

それだけに、いろいろな視点を持つことが問題の解決につながる。

そういった意味でも年長者の方々を診させてもらう中で養われる

「長い目」これは大事に鍛えたいです。



視点 (コレクション認知科学)
ラベル:視点 年齢
posted by ヤス at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック