【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年12月18日

マネをするとより親近感

私達のマネをする能力は時に非常に重要な役割を担います。時には人をくっつける役割、つまりより親近感をもたれたり、気が合う人だと思われたりすることにつながります。


デューク大学のタニャ・チャートランド(Tanya L. Chartrand)らの実験では会話中に話し手の動作をマネした人の方がより親近感を持たれることがわかりました。

またチャートランドのほかの実験ではグループ活動から遠ざかっている人ほど他人の動作をマネする傾向が強いことがわかりました。人と同じことをすることでつながっている感覚を体験しようとしているのかもしれません。

NLPではミラーリングというスキルがありますが、そのことを科学的に支持する実験だと言えます。


参照
Sebanz, Natalie "It Takes Two to,,,"
http://www.scientificamerican.com/article.cfm?id=it-takes-two-to
posted by ヤス at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック