【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2013年01月02日

2013年明けましておめでとうございます!2012年何を学んだか


コクヨS&T カバーノート<SYSTEMIC> (2冊収容・リングノート) A5 黒 B罫 50枚 ノ-685B-D


明けましておめでとうございます!

今年も少しずつですが

良い投稿をして留学や心理学、英語学習について

何か有効なことをご紹介できたら、と思いますので

当ブログに訪れたり、読んだりしてください♪


大晦日は、友達の家でカウントダウンパーティをするということで、

サンフランシスコのダウンタウンへと足を運びました。

IMG_2969[1].JPG


15人ほどで集まって

ゲームをしたり、おしゃべりをしたりして

日本のカウントダウンから遅れること16時間、

"Happy New Year!!" とみんなで一斉に叫びました。


2013年は更に大事な一年になると思います。

それだけに、「着実に進む」ということを心に留めて

生活していきたいと思います。



2012年、何を学んだか?

2012年は本当にさまざまなことがあり、

自分自身大きく変化した年でしたが、

今ぱっと思いつくのが

上に挙げた「着実に進む」ということ。

今年は運よく選択授業で統計学の授業を取ることができました。

違う学部の授業なので

取れない可能性もあったのですが、

学校の仕事のボスの助けを得て

何とか授業登録でき、

そして、この統計学の教授が本当にすばらしい先生でした。


もちろん、授業の内容が本当に

興味深く、わかりやすいことは言うまでもありませんが、

授業外でもお世話になりました。


授業の最初の日に私の研究テーマを伝えると

次の週から毎週、授業後は少なくても30分ほど時間をとって

いろいろとアドバイスをしていただきました。


ペンシルバニアとスタンフォードを卒業していて、

その関係で何人か両校の教授とも

コネクションを築かせていただきました。


私自身、この授業の莫大な宿題をする中で、

手書きで課題をこなしていくことの良さを改めて実感しました。

量が多いからといって

速いペースですると、理解量が少なく

かえって時間がかかる。


ゆっくりと、一つ一つを着実に

身に着けていきながら、

目の前の問題に取り組む。

それが結果的に量となっている。

こういった体験を積み重ねた

統計学の授業でした。



この勉強スタイルは

今後も続けていきたいと思います。



2013年が始まりました。

お正月は日本で最も大きい祝日ということで、

クリスマスは妻が料理をしたのですが、

今日は私がおでんを作りました。

2年以上ぶりのおでん。最高でした!

IMG_2966[1].JPG



ラぶホームおでん・湯豆腐鍋木蓋タレ付


ラベル:祝日 学び
posted by ヤス at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック