【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2013年01月31日

アスリートに催眠を。その9、プレーの振返りと改善

アスリートを悩ませる問題に対して催眠をどう使っていくのか。

ここまで

「その1、リラクゼーション」

「その2、イメージングとヴィジュアライゼーション」

「その3、ゴールセッティング」

「その4、スキル開発とテクニックの向上」

「その5、ベストな興奮状態の作成」

「その6、興奮マネジメント」

「その7、集中力」

「その8、自信とモチベーション」

について話してきました。

今回は「その9、プレーの振返りと改善」についてです。


催眠状態では、アスリートは暗示に対してより敏感に反応し、

記憶の再現も可能になります。

ラッセル(Russell)は、催眠下では

人は過去の出来事を詳細に渡るまで再現でき、

まるで今その瞬間を生きているかのように描写できる


と述べています。

催眠は様々な五感情報の再体験を可能にしてくれます。

この催眠の性質のおかげで、

アスリートは自分のプレーをよりよく振返る事ができ、

多くの気付きを得る事ができます。

このように時間を戻して、どこを自分は難としているのか、

これに気づくことを

「アフェクト・ブリッジ(affect bridge)」と言います。

アフェクト・ブリッジで修正点に気づけたら、

今度はどういった動きをしたいのか、これを

イメージの中で植えつけていきます。



催眠状態を強化するにはヨガがオススメです;
★日本最大級!ホットヨガスタジオLAVA★


催眠についてはこちらの本がオススメです;
誰でもすぐできる 催眠術の教科書
コミュニケーションのための催眠誘導 「何となく」が行動を左右する

スポーツ心理学については以下がオススメです;
インナーテニス―こころで打つ!!

「アスリートに催眠を。その8、自信とモチベーション」に戻る 「アスリートに催眠を。その10、ケガや痛みのマネジメント」に進む→


参照
Hypnotherapeutic Techniques: Second Edition
スポーツと催眠 (1970年)
posted by ヤス at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 催眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック