【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2015年01月12日

スポーツ心理学の定義

スポーツ心理学の歴史は比較的浅いですが、その創設者は誰かと聞かれたら多くのアメリカ人がコールマン・グリフィス(Coleman Griffith)だと答えるでしょう。


グリフィスはスポーツ心理学の最初の実験室を作り、北アメリカで最初のコーチングスクールを始めた人です。この分野の古典的な書物"Psychology of Coaching""Psychology of Athletes"の著者でもあります。

スポーツ心理学の定義としては1979年にジル(Gill)が述べた「スポーツという状況においての、人とその行動を科学的に研究し、またその知識を実践すること」だと言えます。簡単に言うと、競技パフォーマンスやトレーニングの向上を図るために心理的なものを成長させていこうという学問です。

しかし、なぜスポーツ心理学の研究が重要なのか?

マーフィ(Murphy)が言うようにアメリカをはじめ世界でスポーツの分野は大きな変化をとげています。テレビ放送やそれらに伴うスポンサーの登場によって選手や組織にとって、お金が彼らの焦点になってきて、スポーツでの勝ち負けがさらに大きな価値のかかったものになってきたからだと言えます。

それに伴い、選手やチームの経済価値が高まり、負けないために、また勝つためにどうしたらいいかという研究が進み心理的な理由もその中の大きな理由であることが挙がります。

オリンピックで金メダルを取る人とそのレースにさえ出場できない人の差は1000分の1秒差だと言われます。こういった少しの差をかけた勝負の世界においてアスリートはピークパフォーマンスを発揮できる術を(時には非合法な形であっても)探してきました(Suinn)。

伝説の大川慶次郎予想情報
→無料1点公開←



そのニーズに応えるようにスポーツ心理学、特にパフォーマンス発揮力の向上のための心理学が開発されていきました。


参照
THE EFFECTS OF HYPNOSIS ON FLOW AND IN THE PERFORMANCE. ENHANCEMENT OF BASKETBALL SKILLS. By. BRIAN L. VASQUEZ
posted by ヤス at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 催眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック