【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2013年02月05日

アスリートの求める状態、フロー

スポーツ心理学の中でパフォーマンス発揮に関する様々な説がありますが、中でもコンスタントに多くのアスリートから支持を得ているものにチクセントミハイ(Csikszentmihalyi)が提唱したフロー現象というのがあります。

アスリートにとってフロー現象は高いパフォーマンス発揮、そして楽しい経験だという印象を与えています。

ジャクソン(Jackson)の2000年の発表ではフローはすべてのことが最適であり心と体の調和が取れていて、ネガティブ思考や不安がなく、非常に高いレベルで機能できている状態だと述べています。

従って、フローという最高パフォーマンス状態がアスリートが求めるものであり、催眠を含むパフォーマンス向上のテクニックはそのための手段だと言えます。

フローに興味がある方は以下がオススメです。
フロー体験入門―楽しみと創造の心理学
フロー体験 喜びの現象学 (SEKAISHISO SEMINAR)
フロー体験とグッドビジネス―仕事と生きがい

参照
THE EFFECTS OF HYPNOSIS ON FLOW AND IN THE PERFORMANCE. ENHANCEMENT OF BASKETBALL SKILLS. By. BRIAN L. VASQUEZ
posted by ヤス at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 催眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック