【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年07月15日

催眠無痛覚にリラクゼーションは必ずしも必要ではない

この実験ではリラクゼーションと覚醒催眠導入において、冷たい痛みを感じなくする催眠暗示を使う場合と使わない場合で比較しました。結果を先に言うと、催眠にかかりやすい人は、かかりにくい人と比べて痛みを感じなかったという結果が出ました。痛みの知覚は、リラクゼーション導入と覚醒導入のどちらでも変わらなかったそうです。催眠にかかりやすい人にとっては痛みを感じなくする催眠暗示を使った方が使わない場合よりも、痛みの知覚が低かったそうです。

これらの発見は、催眠による無痛覚にはリラクゼーションは必要ないということを示しています。催眠にかかりやすさと痛みの軽減には強い比例関係があります。催眠にかかりやすいほど、痛みも大きく軽減できる。

1959年のビーチャー(Beecher)の論文によると「痛みという経験は「痛み知覚」の部分と「反応苦痛」部分から成る」と言われています。これを更に研究したマグラシャン、エバンス、オーン(McGlashan, Evans, Orne)は、反応苦痛には、痛みの経験に伴う主観的な不安感を含むことを発見しました(1969)。その後の実験で、不安感の減少が、痛みの減少につながると説明されました。催眠の導入部分はリラクゼーション効果があり、この効果によって不安感が減り、痛み知覚が減る、という論理です。

しかし1977年、ネオディソシエーション理論を提唱したヒルガード(Hilgard)は催眠による無痛感は、リラクゼーションのみからもたらされるのではなくディソシエートする経験(自分が自分の体から抜け出す、など)からももたらされると主張しました。

過去の研究で、催眠はリラクゼーションの部分をなしにして覚醒した状態でも、作用することがわかっています。ヒルガードとレバロン(LeBaron)の1984年の実験では覚醒催眠によっての無痛感に成功しています。

この実験では無痛感を作るために、伝統的なリラクゼーション催眠と覚醒催眠を用いて効果がどう違うのかを見ていきます。

実験前に参加者は3つの部分から成るトレーニングをしていきます。そこでは催眠にかかりやすさを最大限に高めるための催眠導入練習、かかりやすさテスト、催眠のことを学び、そしてラポール形成の練習をしていきます。

ある大学のコミュニティから304人の参加者を集め催眠のかかりやすさを集計し、かかりやすいグループとかかりにくいグループに分けます。かかりやすいグループには38名かかりにくいグループには27名が集められました。

両グループはその後、様々な催眠導入を体験します。ペリー(Perry)が1977年に指摘しているように催眠の経験がない人は、怖がることがあり、そのために催眠効果を得られないことがあります。だから今回の実験では十分な時間と説明を設け、怖さをなくしてもらってから、催眠を体験していきます。

実験の結果はどうなったか?

催眠にかかりやすい人たちは覚醒催眠であっても、リラックス催眠であってもかかりにくい人たちよりも痛みを感じなかったそうです。そして、催眠にかかりやすい人の中で無痛感の暗示を受けた人たちは受けていない人たちと比べてより痛みを感じなかったそうです。また、全体的な痛みの感知度を見た場合覚醒催眠とリラックス催眠では、その差はあまり無かったそうです。

つまり、この研究が示すところは、催眠による無痛感にリラクゼーションは必要ない、ということです。

この実験は覚醒催眠とリラックス催眠を催眠かかりやすさ度以外の指標(痛みの知覚)で調べた最初の実験です。催眠にかかりやすい人は覚醒催眠においても、リラックス催眠においてもかかりにくい人よりも、大きく痛みの軽減を示しました。

実験後のインタビューでわかったことは催眠にかかりやすさが高くても低くても参加者がみな、この経験に満足であったこと。また、催眠にかかりにくい人は痛みを避けるために何らかの努力(歯をくいしばるなど)をしていたのに対し、かかりやすい人は、そういった努力が必要なかったこと。などがあったそうです。




催眠は非常に効果的な心理アプローチです。ご興味がある方は以下の教材がオススメです。
催眠術のかけ方 ―初心者からプロまで今日から使える
映像で学ぶ催眠術講座 催眠術のかけ方 (<DVD>)
スーパー・ベーシック催眠導入 ―カリスマが教える本物の技術
[オーディオブックCD] 催眠恋愛術 ()
誰でもすぐできる 催眠術の教科書 (光文社新書)
コミュニケーションのための催眠誘導 「何となく」が行動を左右する (知恵の森文庫)


参照
"Effects of Active Alert and Relaxation Hypnotic Inductions on Cold Pressor Pain"by Mary Frances Miller, Arreed Barabasz, & Marianne Barabasz (1991)
posted by ヤス at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 催眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック