【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2015年05月06日

実質よりも比較で認知する

以前、オリックス、その後は阪神で活躍した星野伸之という投手がいました。今はオリックスの一軍投手コーチをしていらっしゃいます。

彼の投げ方は「にゃんにゃん投法」と言われ手を猫のように曲げて投げることによって打者から球の出だしを見えなくするフォームで打者を翻弄してきました。数多くある中で、彼のもう一点の特徴は最速の球速が130キロだということ。130キロというと、中学生でも投げられるスピードです(笑)

しかしながら、彼はMAX130キロのストレート、それに90キロ台のカーブとフォークでプロ野球の大打者たちを打ち取り、プロ通算176勝、通算防御率3.60、シーズン最高勝率2回(89年、96年)、オールスター出場7回そして2011年終了時点で歴代18位となる通算2041奪三振を記録しています。

LAS理論で野球上達!2週間体験モニター募集


彼のストレートは130キロしかないにも関わらず梨田昌孝元監督が選手時代に「ストレートが一番速かった投手は?」という雑誌の取材に対し星野の名を挙げて「あまりにも速く感じて金縛りのようになった」と語り、元ロッテの初芝清選手は「(当時日本最速の158km/hを記録した)伊良部より星野さんのほうが速いと思う」と発言、清原和博さんは「星野さんのストレートが一番打ちにくい」と評し、他にも元横浜等の中村紀洋選手、元近鉄、巨人のタフィ・ローズ選手など複数の打者が星野のボールは速かったと証言しています。




こういうことから、いかに私達が現実を現実としてみているのではなく比較をして認知している、ということが言えると思います。

もし現実を現実として客観的に見ているのなら、130キロの速球は、どの状況でも同じスピードで認知できるはずです。しかし、それがとても速く感じる。緩急を使うことによって、その比較が大きくなり、それで物の認知も変わってくる。

これはコミュニケーションにおいても同じことが言えます。

いつもと同じようなトーンからちょっとトーンを変えるとそれが印象的に聞こえる。この効果があるから催眠療法において「アナログマーキング」といった手法が有効になります。いつものトーン(ベースライン)から大事な言葉だけをちょっとトーンを変えて言う(通常、低めに言うとより印象に残る)。


普段のトーンとの差によってクライアントがそれに気づかなくても無意識レベルで何となく頭に残った言葉となる。星野投手の130キロのストレートがすごく印象的に感じるようにアナログマーキングでも、クライアントにとって大事な言葉、「リラックスして」とか「安心できる」とか「自分をサポート」だとか「より貢献できて」とか「楽に仕事ができる」などといった言葉が印象的に感じられて、それがクライアントの心の支えとなる、といった現象を作ることができます。

実質よりも比較で私達はものを認知している、大事なことだと思ったので書いておきました。

満足いかなければ返金保証・プライベートジムRIZAP


posted by ヤス at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック