【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2013年04月18日

気楽にやること


気楽なさとり方


重度の精神病患者を扱う施設での

仕事は相変わらず日々学ぶことが多いです。

14人の患者が滞在する施設で

少ない時はスタッフ2人で切り盛りする。

それぞれの患者の心の状態はどうか?

その他、契約書や薬の状況はどうか?

気を配ることがたくさんあります。

また、僕の場合は新入りということもあって

先輩カウンセラーから手続きのことや段取りなどを

教えてもらうことがたくさんあるので、盛りだくさんです。

そんな中、有効だと思った心構えが

「気楽にやること」です。

あまりにも業務量が増えてくると

一つ一つに100%エネルギーを使っていては

疲れやすいし、無駄な箇所で時間とエネルギーを使うことになる。

また、熟練カウンセラーを見ていても

本当に気楽にやっている感があり、

またそれが何となく職場の文化であるような感じもする。

昨日は、夜9:30から翌日朝8:30までというオーバーナイトシフト

でしたが、気楽にやっていって結構良いペース配分ができました。

もちろん、集中所はしっかりと集中するし、

気楽だからといって、真剣に働いていないわけではありません。

集中さ、真剣さは前提です。

しかし、その前提のもと、気楽にやることが大事だと思います。

逆に気楽じゃなくて、深刻にやってしまうと

つらくなったり、重くなるだけで効果があまりない。

真剣に楽しみながら、気楽にやること、

これも大事だなあと感じました。


今日はゆっくりしてまた明日に備えます。


小さいことにくよくよするな!―しょせん、すべては小さなこと (サンマーク文庫)
posted by ヤス at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック