【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2013年05月02日

ナイトシフトをいかにこなすか


朝昼夕3つのことを心がければOK! あなたの人生を変える睡眠の法則


僕が勤める重度精神病患者施設では、

フルタイム・カウンセラーは週に1回、

オーバーナイトのシフトをすることが義務付けられています。

僕も週に1回オーバーナイトシフトがあります。

午後9時30分にオフィスに入り、

午前8時30分にオフィスを出る。

朝3時頃に睡魔と闘いながら、資料をまとめあげ

朝7時くらいになると何かと達成感があります。

マラソンでいうなら、ゴールの競技場が見えてくる段階でしょうか。

朝の8時までには、この日の担当カウンセラーに

この日何をする必要があるのか、という情報を

それぞれ14人の患者に対して書きあげて

まとめた資料を渡して、説明しないといけないため

結構、スピード上げて、かつ間違いがないように

夜中じゅう、ずっと資料作成をすることになります。

また、資料作成だけではなく

薬の数が合っているか、

患者はちゃんと寝ているか、といったことも

何度もチェックする必要があります。

また3回に1回くらいは

夜中に路上で叫んだり、トラブルを起こす患者がいます。

それでもナイトシフトは日中にするデイシフトよりも

比較的静かなのですが、

その分、普段寝る時間に脳を働かせることが大事になります。

僕はたいがいナイトシフトの前に3、4時間ほど寝て

そして、ナイトシフト後にも寝るようにします。

そして、ナイトシフト中は

だいたい3時くらいにほうじ茶やら、カフェインを摂取して、

脳を働かせるようにします。

そして、5時くらいにまた睡魔がきたら、

そのときはバナナかオレンジを食べます。

(これは、会社で大量に購入しているので)

これだけで結構、問題なくナイトシフトをこなすことができます。

今日もさきほどまでナイトシフトでした。

朝8時から8時30分までのミーティングでは

かなり疲労困憊で、

英語もちょっとたどたどしくなります。

そんな自分がちょっとイヤです(笑)

おそらく、疲れているからといって

無意識的に横着しているんだと思います。

今日の朝のミーティングでもそんな感じがしました。

次回からはこのミーティングでも

はっきり脳を働かせたいと思います。


それにしても、ナイトシフト

どことなく達成感があって、好きです。


快適睡眠のすすめ (岩波新書)
ラベル:睡眠 体調 管理
posted by ヤス at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | セラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック