【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2015年01月04日

ゴルフ選手に催眠を

2001年イギリス(Sheffield Hallam University)のジョン・ペイツ、アンディ・カミングス、イアン・メイナード(John Pates, Andy Cummings, Ian Maynard)が催眠を使ってゴルフ選手のパターの正確性を高めようという実験をしました。それと同時にフロー状態との関連性も調べました実験の方法はテニスのものと同じでした。

結果は参加した全5選手にパターの向上とフロー状態の向上が見られたそうです。この記事の中で大事だと思ったことを書いておきます。


●心の状態が大きく作用するスポーツ、ゴルフ

1997年のカトリーとデューダ(Catley & Duda)の実験では、ゴルフ選手が自分のプレー前の心をコントロールするスキルは肉体的なスキルと同じくらい重要だという結果が出たそうです。またフロー状態を得ることがピークパフォーマンスに関係するといった結果も出たそうです。

また1991年のコーン(Cohn)の実験ではフロー状態になるためのスキルがある人の方が良いスコアを出し、プレー中の楽しみも大きいという結果が出たそうです。



●イメトレとゴルフ

スポーツ心理学の研究からわかっていることはイメージトレーニングはゴルフに良い影響をするということです。ウールフォーク、マーフィー、ゴテスフェルド、アイケン(Woolfolk, Murphy, Gottesfeld, Aiken)の1985年の実験では、ゴルフのパターにおいてプラスの結果をイメージトレーニングすると、パターの成果が上がる、という結果が出ました。

また、カーシェンバウム、オーウェンズ、オコーナー(Kirschenbaum, Owens, O'Connor)は1998年にSMARTゴルフという5ステップの心理プログラムを提唱し、これによって先週の感情コントロール、結果などに向上が見られたと報告しています。

また1995年のマーティンとホール(MArtin & Hall)の調べではイメージトレーニングをするゴルファーは、そうでないゴルファーよりもはるかに練習し、高く、かつ現実的な目標を設定し、トレーニングプログラムを諦めずやり通す傾向がある、と記しています。


●リラクゼーションとゴルフ

リラクゼーションも優れたゴルファーが取り入れていることです。マカフリーとオーリック(McCaffrey & Orlick, 1998)はショットとショットの間、またはショットの動作をしている時にリラックスして落ち着いた状態でいることが非常に大事だと述べています。コーンも1991年の実験で肉体のリラックス、心の落ち着きが、ゴルフにおいてピークパフォーマンスにつながると述べています。

さらにマーフィーとウールフォーク(1987年)はパターにおいて、リラクゼーションテクニックは緊張を抑え高い成果につながると報告しています。 

※寝心地の良いベッドでリラックスした眠りを得ていますか?日本人が考えた日本人の為のリラックスベッド。無料の資料請求はこちらから>>ASLEEP


●イメトレとリラクゼーションの融合は片方だけよりもっと効果的

ウェインバーグ、シーボーン、ジャクソン(Weinberg, Seabourne, Jackson, 1981)が視覚運動行動リハーサル(Visual Motor Behavior Rehearsal)というリラクゼーションとイメトレの融合を提唱し、空手において、これらは片方だけの時よりも優れた結果を出すと報告しました。

ベウチャンプ、ハリウェル、フォニア、コエストナー(Beauchamp, Halliwell, Fournier, Koestner, 1996)はリラクゼーションとイメトレを融合させ、さらにゴール設定、エネルギーコントロール、自己観察スキルを加えて実験をし、ゴルフのパターにおいて、良い結果が出たと述べています。

ゴルフ場予約は『ゴルフ三昧』がオススメです。


参照
"The Effects of Hypnosis on Flow States and Golf-Putting Performance"
posted by ヤス at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック