【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2013年07月09日

海外留学は精神的にも大きなメリットがある

海外留学をすることは学歴上やキャリア面で好影響するだけではなく精神的にも大きなメリットがあることが調査でわかりました。

ドイツのフリードリヒ・シラー大学イェーナ( Friedrich-Schiller-University of Jena)の研究者が調べたところ留学は人の感情安定性とオープン性を発展させるんだそうです。実験の中心者、ジュリア・ジマーマン(Julia Zimmermann)博士とフランツ・ネヤー(Franz Neyer)教授いわく「外国で自分の生活を築くということは重要な人生経験だ」と。

研究者は1年間というスパンでドイツの約200の大学、1000人以上の学生を対象にオンラインで調査をしました。

1年の最初、そして5ヶ月後、最後は8カ月後にアンケートに答えてもらいました。アンケートには「ビッグ・ファイブ」指標を用いました。ビッグ・ファイブは人の性格を構築する大きな5要素のことです。

アンケートを分析した結果、海外留学を計画している生徒は(出発前の時点ですでに)そうでない生徒と比べてより精神的にオープンで、良心的で、外向的であることがわかったそうです。また海外留学をした生徒は海外留学の計画がない生徒たちと比べてオープン性と感情安定性に発展が見られたそうです。

「異文化に調整するという経験をした生徒は傾向として、新たな状況に対する対応力があったり困難に打ち勝つ力がよりある」とジマーマン博士は述べています。

サクッと留学したいなら政府認定の英語学校NILSがオススメです。




留学が決まったら留学保険を取得しましょう。AIUが安心です。
9割以上の方が留学保険に加入
留学保険ならAIU


参照
http://psychcentral.com/news/2013/07/05/studying-abroad-boost-students-emotional-development/56846.html
posted by ヤス at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック