【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年07月23日

睡眠不足はカップル関係に悪影響

カリフォルニア大学バークレー校の実験では睡眠不足の状態は、カップル関係性に悪影響することがわかったそうです。

実験の中心者、エイミー・ゴードン(Amie Gordon)とセネラ・チェン(Serena Chen)が発見したのは睡眠を採れなかった日に、カップルはケンカをする傾向が高く、ケンカが多いカップルは幸せ度が低く、健康度も低いということでした。睡眠不足の時、人は葛藤や不調和を上手に解決する能力が著しく下がるそうです。

今回の実験には2年間ほど関係の続いているのカップルが100組集められ、彼らの睡眠状況を調べました。そして、彼らのうつ度、緊張度などを調べ、睡眠状況との関係性を調べました。参加者は2週間に渡って毎日、睡眠状況とカップル関係におけるストレスを報告しました。

どのカップルにも一貫して見られたパターンに睡眠をとれなかった日にはケンカをするというものがあったそうです。また葛藤解決能力や相手の気持ちを察する能力も睡眠が採れなかった日には著しく落ちるとわかったそうです。

改めて睡眠がいかに大事か、気付かされる記事でした。

不眠でお困りの方は以下のサプリメントがオススメです。
>>今、大切な人が"うつ"に…全く新しいサプリメント【セロトアルファ】


睡眠について知識が欲しい方は以下の本がオススメです。
“睡眠満足度"があなたの年収を変える! 眠りの技法
朝昼夕3つのことを心がければOK! あなたの人生を変える睡眠の法則
睡眠のはなし - 快眠のためのヒント (中公新書)
睡眠の科学―なぜ眠るのかなぜ目覚めるのか (ブルーバックス)


参照
http://psychcentral.com/news/2013/07/10/poor-sleep-increases-relationship-stress/57032.html
posted by ヤス at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック