【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年11月12日

自由時間の長さより、時間管理が人生の質に影響

退職後の生活において自由時間の長さよりも自由時間の時間管理の方が大事だと言う事が、新たな調査からわかりました。実験の中心、台湾の義守大学、王維菁(Wang, Wei-Ching)教授いわく「退職者は自分の時間管理を積極的に行う事が退職後の人生を幸せで充実したものとする」と。




調査では、454人の退職した台湾人が協力し、自由時間の時間管理と人生の質の関連性について調べられました。454人の参加者は彼らの自由時間の目的や自由時間に対する態度、その時間管理などについて質問されました。人生の質については世界保険機関(WHO)の人生の質スケールが使われました。

自由時間とはここでは何の義務もなく、自分で何をするか決められる時間だと定義されました。通常、ストレスを感じた後とか健康を促進するためにするリラックスのための余暇時間であることが多いです。

過去の実験で余暇時間は退職した人に重要であることが証明されましたが、今回の実験では彼らの人生の質にも好影響であることがわかりました。逆に時間管理ができていないと退屈や不健康な停滞ライフスタイルといったネガティブな症状が見られるという結果が出たそうです。

王教授いわく「退職後の人たちにおいて人生の質は、どれだけ自由時間があるかじゃなく時間をどれだけ効果的に管理しているかに影響されている」とのこと。従って、時間管理を学ぶことが非常に大事だそうです。

王教授は現在、台湾の政府機関に退職した人たちに向けて時間を上手に管理して退職生活を良いものにしていくための教育プログラムを提供することを呼びかけているそうです。

時間管理を学びたい人は以下がオススメです。
🔴︎TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究
🔴︎外資系コンサルの仕事を片づける技術
🔴︎フランクリン・プランナー トライアル・セット コンパクトサイズ 62174




参照
http://psychcentral.com/news/2013/08/25/want-a-better-retirement-learn-how-to-manage-your-time/58829.html
posted by ヤス at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック